PR 動画編集

動画編集スクールおすすめランキング15選【初心者~中上級者までOK】

動画編集スクールおすすめランキング15選【初心者~中上級者までOK】

サクフリ編集部

サクフリ株式会社では、デジタルマーケティングに特化したWebコンサルティングを実施しており、Web制作からSEO対策、広告・SNS運用をはじめとしたマーケティング、収益化までワンストップで支援。不動産業者と顧客を繋ぐマッチングサイトも運営中。

こんにちは。サクフリ編集部です。

サクフリブログは、デジタルマーケティング支援に特化したWebコンサルティング会社である『サクフリ株式会社』が運営しているオウンドメディアです。

「IT業界への架け橋になる」というテーマで、IT業界の基礎知識やWebスキルの習得方法を発信。習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスとして独立」する方法も発信しています。

学習者
学習者
社会人におすすめの動画編集スクールを知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
編集長
編集長

もともと文字媒体のメディアが主流でしたが、YouTubeやTikTokの台頭で情報収集の王道も文字媒体から動画コンテンツへと移り始めています。

その影響もあり、動画編集・映像制作は今とても人気の仕事です。特にYoutubeをはじめとしたインターネット領域では、独立や副業もしやすいです。社会人として今の仕事を続けながら、副業で月10万円の収入を得ることも可能です。

ただ、社会人が未経験から動画編集を身につけるにあたり、動画編集スクールは賢い選択ではありますが、一番の問題はスクールの数が多すぎること。ましてや社会人が働きながら学ぶとなると、限られた時間を効率的に活用して学習する必要があります。

そこでこの記事では、これまで動画編集スクールを取材経験や、IT企業である当社サクフリ編集部の知見も併せて、社会人に本当におすすめできる動画編集スクールを厳選しました。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
編集長
編集長

先に比較表を見る

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

社会人におすすめの動画編集スクール・講座の比較表【特徴一覧】

社会人におすすめの動画編集スクール・講座の比較表【特徴一覧】

おすすめ動画編集スクールを一覧にして比較表にしてみました。

比較表の下に各スクールの公式サイトに飛べるリンクも用意しておいたので、気になるスクールがあったらぜひチェックしてみてくださいね。

※横にスクロール可能です→

スクール デジハク デジタルハリウッドSTUDIO studio US(スタジオアス) エディターキャンプ Vook School MOOCRES(ムークリ) Chapter Two(チャプターツー) DMM WEBCAMP SHElikes(シーライクス) Famm(ファム) デジハリオンライン クリエイターズジャパン ヒューマンアカデミー MovieHacks デイトラ
評価 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 4.5 4.5 4.5 4.5 4.5 5.0 5.0 4.5 4.5 4.5
料金 298,000円 503,800円 220,000円 月21,780円 月49,500円~ 374,000円 298,000円 279,800円 入会金:162,800円
月謝:13,567円
184,800円 281,600円 79,800円 394,192円 99,800円 99,800円
学習期間 無期限 6ヶ月 2ヶ月~ 無期限
(約5ヶ月がスクール側推奨)
1ヶ月~ 3ヶ月~ 全12回
(サポート期間は無制限)
3ヶ月 1ヶ月~ 1ヶ月
(卒業後6ヶ月は無料サポート)
6ヶ月 無期限 6ヶ月 無期限 無期限
受講形式 オンライン オンライン・通学 オンライン オンライン・通学 オンライン・通学 オンライン・通学 オンライン オンライン 通学・オンライン オンライン オンライン オンライン オンライン・通学 オンライン オンライン
ポートフォリオ
転職サポート
独立サポート
特徴 ・副業・フリーランスに特化したサポート
・編集・ディレクション・営業まで学べる
・独立経験のある講師とのマンツーマン指導
・第一線で活躍するプロの講師から学べる
・学習範囲が広く動画制作者としてプロを目指せる
・クラス制&動画学習で続けやすい
・毎月更新される900本以上の動画教材で学習
・ポートフォリオが短期間で制作可能
・副業・フリーランスの案件が豊富
・スタジオを併設した教室が使い放題
・案件保証があるので副業にも最適
・14日間の無料体験(返金保証)あり
・実写映像ののプロを目指せる
・モーショングラフィックスのプロを目指せる
・現役クリエイターによるメンター制度
・最大6名までの質の高い少人数指導
・通学×オンラインのハイブリッド
・卒業後も質問OK&案件紹介あり
・After Effectsに特化した貴重なスクール
・3回まで講師が営業に同行してくれる
・講座は全て「永久」に視聴可能
・最短4週間で構成→編集→納品の流れを学べる
・週2回のマンツーマンメンタリング
・チャットサポート&返金保証あり
・Premiere ProとAfter Effectsの基本操作を習得
・月額課金制で継続しやすい料金設定
・同じ志を持った女性仲間との交流
・ママ専用の1ヶ月の短期スクール
・ベビーシッターを無料で利用可能
・卒業後の案件保証あり
・需要が多いAdobeのカリキュラム
・卒業後の転職サポートが手厚い
・イベントや交流会で仲間や人脈を作れる
・案件獲得の営業文章を添削してくれるサービス
・オリジナルテンプレートや編集データの共有あり
・オンラインサロンがありオフ会も開催
・手厚い就職・転職サポート
・全国23拠点の通学&オンライン対応
・1から動画編集の実務スキルを習得
・需要の高いYoutube編集に特化
・買い切り教材で無期限で何度でも視聴可能
・課題合格者のみ案件紹介をしてもらえる
・買い切り型教材で視聴期間が無期限
・受講後すぐフリーランスで活躍可能
・学習範囲が広く多くのスキルを学べる
解説 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む 解説を読む

※料金は税込
※料金と期間は最も人気のプランを記載

おすすめの動画編集スクール

(クリックで公式サイトへ)

  • 動画編集スクール(高品質)
    • デジハク
      →最短でフリーランスを目指せて編集、ディレクション、営業まで学べる
    • デジタルハリウッドSTUDIO
      →クラス制&動画学習と広範囲なスキルを学び動画制作のプロを目指す
    • studio US
      →900本以上の動画教材と短期間で作る高品質なポートフォリオ
    • エディターキャンプ
      →スタジオ併設の教室が使い放題で案件&返金保証ありなのに安い
    • Vook school
      →最短1ヶ月で実写映像・モーショングラフィックスのプロを目指せる
    • MOOCRES
      →最大6名までの質の高い少人数制指導で実践的に学ぶ
    • Chapter Two
      →高単価案件が多いAfter Effects特化のカリキュラムと講師が営業同行
    • DMM WEBCAMP
      →短期集中で構成→編集→納品の一連の流れを学べる(最短4週間)
    • SHElikes
      →Vlog動画/WEB広告動画/YouTube動画を作れるようになる
    • Famm
      →1ヶ月の短期集中で学べるママ専用の少人数制動画講座
  • 動画編集講座(費用が安め)

以上が、おすすめの動画編集スクールです。比較表の1番下にある「解説を読む」ボタンから各スクールの詳細をチェックしてみてくださいね。

» 比較表に戻る↑↑

社会人向け動画編集スクールおすすめランキング10選【口コミ・評判あり】

社会人向け動画編集スクールおすすめランキング10選【口コミ・評判あり】

では、上記で紹介したスクールの詳細について紹介していきます。

各スクールでは、無料体験や無料相談会を実施しているので、気になるスクールがあればぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめの動画編集スクール

(クリックで詳細箇所へ)

  1. デジハク
    →最短でフリーランスを目指せて編集、ディレクション、営業まで学べる
  2. デジタルハリウッドSTUDIO
    →クラス制&動画学習と広範囲なスキルを学び動画制作のプロを目指す
  3. studio US
    →900本以上の動画教材と短期間で作る高品質なポートフォリオ
  4. エディターキャンプ
    →スタジオ併設の教室が使い放題で案件&返金保証ありなのに安い
  5. Vook school
    →最短1ヶ月で実写映像・モーショングラフィックスのプロを目指せる
  6. MOOCRES
    →最大6名までの質の高い少人数制指導で実践的に学ぶ
  7. Chapter Two
    →高単価案件が多いAfter Effects特化のカリキュラムと講師が営業同行
  8. DMM WEBCAMP
    →短期集中で構成→編集→納品の一連の流れを学べる(最短4週間)
  9. SHElikes
    →Vlog動画/WEB広告動画/YouTube動画を作れるようになる
  10. Famm
    →1ヶ月の短期集中で学べるママ専用の少人数制動画講座

①デジハク|最短で副業で稼ぎフリーランスを目指せて営業も学べる

デジハク|最短で副業で稼ぎフリーランスを目指せて営業も学べる

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 副業・フリーランスに特化したサポートが充実
  • 編集からディレクション、営業までスキル習得範囲が広い
  • 卒業後もカリキュラムの閲覧期間制限なし
  • フリーランス独立経験のある現役動画クリエイターのマンツーマン指導
  • ポートフォリオ専用HPを作れるので案件獲得に有利

デジハク』は未経験から最短最速で副業で稼ぐ、フリーランスとして独立を目指す動画編集スクールです。

カリキュラムは基礎から応用まで分かりやすく体系化されており、最初に講師との個別面談で学習ゴールを設定し、その後は、オンライン動画で基礎編から学習スタート。自分のペースで中級編、上級編と進めいきます。

最後のポートフォリオ講座では、クライアント目線から考える本質的なポートフォリオ制作を行います。かなり多くの作品を制作するので、良質なポートフォリオを制作することが可能です。添削サポートを利用しながら自分が納得のいくまで作り込むことができるのも特徴です。

動画編集からディレクションまで、幅広いスキルを現役フリーランス講師から学べて、未経験者でも短期間でスキルを習得できるよう設計されていますよ。

ちなみに、カリキュラムは卒業後も半永久的に閲覧することが可能で、講座の内容は毎月アップデートされるため、最新の動画編集トレンドを、動画で常にキャッチアップすること可能です。

デジハク動画編集の特徴

また、デジハクの最大の特徴は講師全員が「フリーランス独立経験者」ということ。未経験から独学で動画編集者になった方々から生まれたスクールのため、未経験ならではの悩みやつまづきポイントもよく理解しています。

そのようなフリーランス独立実績を持つ講師陣が、オンラインのチャットサポートや、個別面談サポート、添削指導などを通じて手厚くマンツーマンサポートしてくれます。

そして、デジハクでは副業やフリーランスを目指す方向けのキャリアサポートが充実しています。受講中は「副業相談」やディスコードのコミュニティ内で「制作コンテスト」を行っています。

コミュニティ内では受講生のコミュケーションの場としてや、イベントの開催などを実施しています。カリキュラムの閲覧と同様、無期限参加可能です。

デジハクの動画編集やディレクションだけでなく、営業テクニックや税金、法律の知識、確定申告サポートがある点は、その他の動画編集スクールにない特徴です。

あなたが「未経験から動画編集の副業で稼ぎ、フリーランスとして独立したい」と願うなら、デジハク以上におすすめのスクールは少ないので、ぜひ無料説明会に参加してみてください。

デジハクのスクール情報

受講期間 MINI:60日(サポート期間は30日)
PRO:無制限(サポート期間も無制限)
受講料金 MINI:128,500円
PRO:298,000円
月額換算 MINI:月11,500円〜
PRO:月25,000円〜
受講方法 オンライン
学習内容
Premiere Pro / AfterEffects / Illustrator
Photoshop / 企画構成 / デザイン
リテラシー / セールス(営業)…etc
ポートフォリオ制作
(ポートフォリオ専用HPがつくれる)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(案件獲得ノウハウの指導あり)
学習サポート
(マンツーマン指導・コミュニティでのイベント)
公式サイト https://digital-hacks.jp/

デジハクの口コミ・評判

\無料説明会開催中!/

「デジハク」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
デジハク動画編集の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
デジハク動画編集の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

②デジタルハリウッドSTUDIO|広範囲なスキルを学び動画制作のプロを目指す

デジタルハリウッドSTUDIO|広範囲なスキルを学び動画制作のプロを目指す

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 第一線で活躍するプロの講師陣
  • 同じ志のある仲間との切磋琢磨で挫折しにくい
  • クラス制&動画学習で続けやすい(長期コースはマンツーマン指導あり)
  • 卒業後も使える就職・転職サポートあり
  • Adobe Creative Cloudを特別価格で利用できる

デジタルハリウッドSTUDIO』は、デジタルハリウッドが展開している社会人向けのクリエイター養成スクールです。東京・大阪・神戸に拠点を持ち、通学、オンラインを合わせたスタイルの授業が人気を博しています。

動画編集は、企業だけでなく、SNSを通じた個人の発信も盛んな現代で、ネット動画は多くの方から求められているスキルといえます。

ネット動画クリエイター専攻コースなら最短2ヶ月で、ネット動画を作るために必要なスキルを獲得可能です。ちなみに、STUDIOでの学習は回数や時間数の上限はなし。期間中にスクーリングしたり、講座を視聴したりすればするほど、スキル上達が見込めます。

また、6ヶ月コース(2ヶ月+4ヶ月)では、編集技術に加えて、提案書の作成、営業、マーケティング、制作ディレクションなどのビジネススキルも習得できます。実案件によるクライアントワークの授業もあるため、カリキュラムの内容は濃いです。

デジタルハリウッドSTUDIOの学習内容

また、デジタルハリウッド STUDIOの卒業後も使える就職・転職サポートは大きなメリットといえます。

在校生、卒業生専用の仕事情報サイト「xWORKS Job Style Search (JSS)」では、フリーランス・業務委託・正社員・派遣社員・アルバイトなど、さまざまな新着求人が続々公開中です。

身に付けたスキルを活かすためのサポートまで欲しい方は、ぜひデジタルハリウッド STUDIOへの入学を検討してみましょう。

デジタルハリウッドSTUDIOのスクール情報

受講期間 ネット動画クリエイター専攻 副業プラン:2ヶ月
ネット動画クリエイター専攻 フリーランスプラン:6ヶ月
受講料金 ネット動画クリエイター専攻 副業プラン:149,600円
ネット動画クリエイター専攻 フリーランスプラン:503,800円
受講方法 通学・オンライン
校舎の場所 東京(新宿・渋谷)、大阪(梅田・なんば)・神戸三宮
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(卒業後もサポートあり)
案件獲得サポート
(企業と連携した案件マッチングサポート)
学習サポート

(チャットで質問可能)
公式サイト https://school.dhw.co.jp/p/freelance-movie/

デジタルハリウッドSTUDIOの口コミ・評判

\無料説明会実施中!/

「デジタルハリウッドSTUDIO」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
デジタルハリウッドSTUDIOの口コミ・評判は?Webデザイン・動画編集コースを解説
デジタルハリウッドSTUDIOの口コミ・評判は?Webデザイン・動画編集コースを解説

③studio US|900本以上の動画教材と短期間で作る高品質なポートフォリオ

studio US|900本以上の動画教材と短期間で作る高品質なポートフォリオ

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 900本以上の充実した動画教材が毎月アップされて最新技術を学べる
  • 24時間いつでもどこでもオンライン学習が受け放題
  • プロの現役動画クリエイター講師による手厚い学習サポート
  • 平均1日程度の短期間で作れる質の高いポートフォリオ制作
  • 卒業生限定コミュニティを通じた副業・フリーランスの案件紹介

studio US』は、未経験からプロの動画クリエイターを目指せる業界内でも随一のコスパを誇る大人気動画編集スクールです。受講料は総額55,000円〜と、数ある動画編集スクールの中でも最安級の安さとなっています。

カリキュラムとしては、「動画編集コース」では、Premiere ProとAfter Effectsの基礎を学び、YouTubeなどの動画編集ができるようになります。「動画クリエイターコース」では、After Effectsをさらに極めて、広告やPR動画、MVなどハイエンドな動画制作ができるようになります。

studio USは、プロの動画クリエイターになるために必要なエッセンスが詰まった「オンライン動画教材」で学習します。動画教材の数はなんと900本以上。900本を超える豊富な動画教材を通じ、プロの動画クリエイターに求められる最新スキルを習得できます。

studio US(スタジオアス)動画編集コースの特徴

そして、最大の特徴は受講期間内に短期間で高品質なポートフォリオを作れる点。授業内では実際に動画を約50本制作し、それらをポートフォリオにすることも可能です。実際にstudio USで学習した人にとっては、ポートフォリオは平均1日程度で作成できてしまいます。

また、卒業生限定コミュニティでの案件紹介やコンペがあることもSTUDIO USの特徴です。

卒業生限定コミュニティでの副業案件・仕事紹介やコンペを通じ、最初の案件を受注することもできます。しかも、STUDIO USの保有する案件は「高単価案件」も多いです。未経験からでも安心して、副業・フリーランスの一歩を踏み出し、収入を得る経験を積んでいけます。

ちなみに、運営会社のstudio USからの依頼案件もあります。studio USは映像制作プロダクションでもあるため、高単価な案件を多数持っています。卒業生は、企業の案件紹介の他にこれらの案件も紹介してもらうことができるため、案件を獲得しやすい環境にあります。

ちなみに、studio USでは独り立ちしても仕事に慣れていない場合には、トップディレクターが指導をしてくれるため安心ですよ。

studio USはより高度なプロフェッショナルスキルを目指す方に最適。実務に近い環境で学べるため、即戦力となる技術を身につけたい方におすすめです。

studio USのスクール情報

受講期間 2ヶ月〜
受講料金 動画編集コース:55,000円
動画クリエイターコース:95,000円
動画クリエイター総合コース:220,000円
受講方法 オンライン
学習内容
Premiere Pro / After Effects / Photoshop/ Illustorator/ Cinema4D
ポートフォリオ制作
(カリキュラム内で15本〜50本の動画制作)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(初心者向け案件〜高単価案件まで紹介)
学習サポート
(オンラインチャットで質問し放題)
公式サイト https://studio-us.org/videocreater/

studio USの口コミ・評判

\無料説明会開催中!/

「studio US」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
studio US(スタジオアス)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
studio US(スタジオアス)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

④エディターキャンプ|スタジオ併設の教室が使い放題で保証制度も充実

エディターキャンプ|スタジオ併設の教室が使い放題で保証制度も充実

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 現役動画クリエイターによるマンツーマンサポートあり
  • 350本以上の動画教材で自分のペースで学習可能
  • スタジオを併設した渋谷・梅田の教室が毎日開放されていて使い放題
  • 卒業後に勉強会が開催、課題に合格した人を対象に案件獲紹介あり
  • 14日間(2週間)の返金保証がある(無料体験期間にも)

エディターキャンプ』は、2021年設立で動画制作事業・スクール事業を展開する株式会社エディターキャンプが運営する動画運営スクールです。

「東京の渋谷」か「大阪の梅田」にスタジオと教室を構える通学型・オンライン併用のスクールで、動画編集を学ぶだけでなく、仕事の提供や仕事の取り方まで習得することができます。

また、校舎では自習スペース・撮影スペースなどは毎日開放しています。動画教材の学習や課題に取り組む際などに利用できます。

エディターキャンプ(Editor Camp)の特徴

学習コースは、破格の受講料で学べるグループプランと、マンツーマンでしっかり教えてくれるマンツーマンプランの2つがあります。

カリキュラムはPremiere Pro、Photoshop、After Effectsなど、動画クリエイターがよく使っている基本的なソフトを習得できる内容となっています。動画教材で基礎から学べますし、チャットアプリ(Slack)を活用することで疑問点を解決できます。

エディターキャンプでは、卒業課題に合格した人を対象に案件獲得サポートや14日間の返金保証もついています。もし14日間でエディターキャンプのサービスに満足できなかった場合や、家庭や仕事の事情で受講が難しくなった場合に全額返金してもらうことが可能です。

エディターキャンプはグループレッスン(スキルレッスンプラン)、マンツーマンレッスン(個別-ビジネスプラン)共に格安です。

10万円以下の動画編集スクールもいくつかありますが、案件保証や返金保証までついて5~10万円程度の料金となると、破格という以外に言葉がありません。

返金に応じてくれるのも初心者にとっては安心材料の1つだと思うので、ぜひ気軽に無料カウンセリングを受講してみてくださいね。

エディターキャンプのスクール情報

受講期間 無期限
(約5ヶ月がスクール側推奨)
受講料金
・入会金:33,000円→キャンペーンで0円
・オンデマンドプラン:月980円
・スキルレッスンプラン:月10,780円~
・個別-ビジネスプラン:月14,080円~(人気プランは月21,780円)
受講方法 通学(渋谷・梅田)/ オンライン
学習内容
Premiere Pro / After effects / Photoshop/ビジネス基礎 / 撮影
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(キャリア相談は可能)
独立支援サポート
(案件獲得保証+仕事の取り方・事業計画書の作成を1から丁寧にサポート)
学習サポート
(毎日教室・チャットで質問し放題)
その他 ・教室と撮影スタジオ使い放題(全日7:00〜23:00)
公式サイト https://editor-camp.jp/

エディターキャンプの口コミ・評判

\無料カウンセリング受付中!/

「エディターキャンプ」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
エディターキャンプ(Editor Camp)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
エディターキャンプ(Editor Camp)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

⑤Vook School|実写映像・モーショングラフィックスのプロを目指せる

Vook School|実写映像・モーショングラフィックスのプロを目指せる

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 知識習得×課題実践を繰り返して学ぶ独自開発カリキュラム
  • 現役クリエイターによるメンター制度
  • 300の機材と実践的な学習環境で経験値を上げる渋谷校
  • プロ講師の指導のもと実践的なポートフォリオ制作が可能
  • Vookキャリア&マッチングイベント「PORTFOLIO NIGHT」

Vook School』は、最短1ヶ月から・メンターと学ぶ映像制作国内最大級の映像制作メディア「Vook」がプロデュースした映像のプロを目指す動画編集スクールです。

主なコースは実写映像のプロを目指す「ビデオグラファーコース」とモーショングラフィックスのプロを目指す「モーショングラフィックスコース」に分かれています。

Vook Schoolの特徴

ビデオグラファーコースのカリキュラムは、今日初めてカメラを手にした入門者からでもプロとして活躍できるような知識・技術・考え方、そして行動力を身につけることができます。プロとして扱えるべき全ての機材が揃った渋谷校でのトレーニング、そして親切なメンター陣とのコミュニケーションが、あなたを「本当のプロ」に鍛えあげます。

一方で、モーショングラフィックスコースのカリキュラムは、第一線で活躍するクリエイターと共に制作。106項目に及ぶ独自のカリキュラムと56の実践課題を通じて、インフォグラフィックスからロゴモーション、CMまで、プロレベルのスキルが身につけられます。

そして、Vook schoolでは、第一線で活躍するプロの映像クリエイターがメンターとして日々の学習をサポートします。課題のフィードバックやポートフォリオの制作支援、また映像を仕事にしていくための具体的なアドバイスなど、第一線で活躍するプロと校内でいつでもコミュニケーションがとれる体制を整えています。

また、Vook Schoolでは、在校中の実績やスキルに応じて、Vook運営の映像プロフェッショナル人材に特化した人材紹介サービス「Vookキャリア」を通じた求人を紹介やマッチングイベント「PORTFOLIO NIGHT」など卒業後を見据えた就職・転職、独立サポートも充実しています。

渋谷での通学に加え、オンラインでも受講することができるので、少しでも気になる方は、ぜひ気軽に無料相談会に参加してみてくださいね。

Vook Schoolのスクール情報

受講期間 1ヶ月~
受講料金 ビデオグラファーコース:月49,500円~
ビデオグラファーエントリーコース:月50,000円~
モーショングラフィックスコース:月38,500円~
受講方法 通学(渋谷)/ オンライン
学習内容
Adobe Premiere Pro
DaVinci Resolve
Adobe After Effects
Adobe Illustrator
Adobe Photoshop
Red Giant Complete(Ae用プラグイン、マスタープランで使用)
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(マッチングイベントとvookキャリアとの連携)
独立支援サポート
(案件紹介はないがポートフォリオ制作は可能)
質問サポート
(Discordでいつでも質問可能)
公式サイト https://school.vook.vc/

Vook Schoolの口コミ・評判

\無料個別面談実施中!/

「Vook School」の公式サイトをチェック

※オンラインで相談可能

⑥MOOCRES|最大6名までの質の高い少人数制指導で実践的に学ぶ

MOOCRES|最大6名までの質の高い少人数制指導で実践的に学ぶ

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 最大6名までの質の高い少人数制指導
  • 基礎から営業手法まで学べる実践的なカリキュラム
  • 通学での直接指導とオンライン授業を併用して学習できる
  • 卒業後もオンラインの質問サポートや案件紹介があり独立後も安心
  • 実績豊富な大手IT企業が運営しているサービスなので安心

MOOCRES』は、「超実践型・超少数精鋭型・超密着型指導」をコンセプトに掲げた動画編集スクールです。受講期間3~4ヶ月で動画編集や映像制作の基礎から実践的なスキル、案件の獲得方法まで学べるのが特徴です。

そして、生徒は1クラス最大6名の「少人数制の指導」となっており、現役の動画クリエイターとして最前線で活躍している講師から、実務に特化した編集スキルを学ぶことができます。

※マンツーマンプランもあり。

MOOCRES(ムークリ)の少人数制授業

そして、MOOCRESでは動画広告やマーケティングまで学べる点も特徴です。副業で稼いだり、フリーランスとして独立を目指すなら広告運用を含めたマーケティングスキルは不可欠ですが、併せて学べるスクールは少ないため非常に貴重と言えます。

また、MOOCRESでは映像制作会社と提携しているため、スクール受講中に動画編集の案件を紹介してもらう「案件紹介サポート」を受けられます。また、卒業生限定のコミュニティを通じた仕事紹介もあり、卒業後の支援もかなり手厚いです。

受講中に案件紹介してもらえるスクールはなかなかありません。副業・フリーランスを目指す方にとって、このメリットだけでもMOOCRESを受講する価値はあると言えるでしょう。

MOOCRESでは通学での直接指導とオンライン授業を組み合わせたハイブリッド型学習を取り入れています。通学とオンラインをブレンドしながら学習できるのは、忙しい社会人や学生の方にとっても嬉しいポイントです。

MOOCRESのスクール情報

受講期間 クラスプラン:3ヶ月
ゼロイチプラン:3ヶ月
マンツーマンプラン:4ヶ月
受講料金 クラスプラン:374,000円
ゼロイチプラン:297,000円
マンツーマンプラン:594,000円
受講方法 通学(東京・大阪)/ オンライン
学習内容
After Effects / Premiere Pro
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(提携している映像制作会社の案件紹介あり)
学習サポート
(卒業後も回数無制限でチャットで質問可能)
公式サイト https://techacademy.jp/moocres/

MOOCRESの口コミ・評判

\個別相談会開催中!/

「MOOCRES」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
MOOCRES(ムークリ)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
MOOCRES(ムークリ)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

⑦Chapter Two|After Effects特化したカリキュラムと講師が営業に同行

Chapter Two|After Effects特化したカリキュラムと講師が営業に同行

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 高単価案件を狙えるAfter Effectsに特化したカリキュラム
  • 営業スキルも学べるので副業やフリーランスとしての独立に有利
  • 講師が営業に同行してくれる
  • 卒業後も講座は全て永久視聴可能のため独立後も安心
  • 講座終了後も専用サロンで添削やコミュニティ参加などのサポート

Chapter Two』はAfter Effectsと営業方法について学べる、高単価の案件獲得に特化した副業・フリーランス向けのスクールです。After Effectsに特化した非常に珍しい貴重なスクールと言えます。

そして、Chapter Twoでは、After Effects中心の技術を学ぶだけでなく、フリーランス・副業で食べていくための営業スキルも学べることが特徴です。しかも、受講生が営業に行くとき、3回まで講師が営業に同行してくれます。

講師が営業についてきてくれる"

Chapter Twoでは案件紹介サービスも充実しています。受講後にテストに合格するとスクール側から仕事を紹介してもらうことができます。講師に営業に同行してもらいつつ、高単価案件を狙えます。

その他にも「講座は全て永久に視聴可能」・「講座終了後も専用サロンでサポート」と卒業後のサポートも充実しているため、フリーランスとして一人立ちした後も強い味方になってくれます。

また、メタバース空間で仲間と一緒に切磋琢磨しあえたり、「プロ講師にチャットで24時間質問可能」・「Zoom+ビデオ講座でいつでもどこでも学習できる」など、学習サポートも充実しています。

料金も比較的リーズナブルで、動画編集スキルに加えて営業スキルや商談コミュニケーション術など、ビジネスに直結するスキルを学べるので、高単価案件を獲得して、稼げる動画クリエイターを目指したい人に、Chapter Twoはおすすめです。

Chapter Twoのスクール情報

受講期間 全12回(12週間)
(サポート期間は無制限)
受講料金 298,000円
受講方法 オンライン
学習内容
After Effects(メイン)/Premiere Pro/案件獲得のための営業ノウハウ/企画、構成術/絵コンテ作成/動画マーケティング/商談コミュニケーション術/オリジナル作品制作スキル
ポートフォリオ制作
(マンツーマンでのサポートあり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(テスト合格者に初期案件の紹介あり)
学習サポート
(チャットで24時間質問・相談可能)
公式サイト https://chaptertwo-school.com/

Chapter Twoの口コミ・評判

\無料説明会開催中!/

「Chapter Two」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
Chapter Two(チャプターツー)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
Chapter Two(チャプターツー)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

⑧DMM WEBCAMP|短期集中で構成→編集→納品の一連の流れを学べる

DMM WEBCAMP|短期集中で構成→編集→納品の一連の流れを学べる

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 最短4週間で「構成→編集→納品」までの一連の動画編集スキルを学べる
  • 授業内でオリジナルの動画制作を行うためそれがポートフォリオになる
  • 週2回のマンツーマンメンタリングで音声で質問し放題
  • 卒業後すぐに稼げる副業案件サポートやフリーランス支援も充実
  • 卒業後6ヶ月間は寺子屋(集団相談会)で現役技術者に無料相談可能

DMM WEBCAMP』は、DMMグループが運営するオンライン完結の動画編集スクールです。最短4週間という短期間で、動画編集スキルだけでなく「構成 → 編集 → 納品」といった動画制作の一連の流れを学習するため、実践的な動画制作を学べます。

具体的には、動画編集の基本ソフトAdobe Premiere Pro、After Effectsの使い方を学ぶことができます。映像教材では、カフェや企業の動画素材を使って実務を想定して動画制作の流れなどを学ぶことが可能です。

また、DMM WEBCAMP受講生が受けられる共通コンテンツとして、PhotoShopやIllustratorの使い方講座も用意されています。その他、副業やフリーランスを目指す方向けに、自分の作品例となるポートフォリオの制作やその添削などもあります。

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの特徴

そして、DMM WEBCAMP動画クリエイターコースの講師はDMM認定の現役クリエイターです。メンター制を採用しおり、メンターは通過率10%の狭き門を抜けた、高クオリティで素質を併せ持った人だけです。

そんなメンターとオンラインで週2回、メンタリングと言われるビデオチャットでの面談を行います。メンタリングは1対1の完全マンツーマンで実施され、日々の学習でわからないことはもちろん、どんなことでも質問し放題。

周囲の目や進捗を一切気にせず、講師を独り占めできるため、集団で実施されるスクールと比べても、学習で置いていかれるという心配がありません。

また、DMMでは卒業もしっかりとあなたをサポートしてくれます。あなたが稼ぐところまでサポートしてくれるため、副業・フリーランスとして独り立ちしたい方に最適です。

DMM WEBCAMPでは「早く学習が終了した場合、利用していない期間は返金制度」があります。例えば12週間コースを最初に申し込みし、日々の学習を頑張った結果、4週間で学習が終わった場合、8週間分の差額が返金されます。

どの程度学習期間がかかるかわからず、でも毎日学習してできるだけ短期間で終わらせたい方は、DMM WEBCAMPの返金保証制度はかなりお得に活用できると思いますよ。

DMM WEBCAMPのスクール情報

受講期間 4・8・12・16週間
受講料金 4週間:169,800円
8週間:224,800円
12週間:279,800円
16週間:334,800円
受講方法 オンライン
学習内容
Premiere Pro/After Effects/構成書の理解/動画制作工程の実践
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(卒業後にもメンターに60分の相談/現役技術者に集団相談会あり)
質問サポート
(回数無制限でチャットで質問可能)
公式サイト https://web-camp.io/courses/videoEditing/

DMM WEBCAMPの口コミ・評判

\無料相談受付中!/

「DMM WEBCAMP」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースの口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

⑨SHElikes|Vlog動画/WEB広告動画/YouTube動画を作れるようになる

SHElikes|Vlog動画/WEB広告動画/YouTube動画を作れるようになる

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • Premiere ProとAfter Effectsの基本操作を習得できる
  • 動画編集と親和性の高いスキルも含め30種類を超える豊富なコースが学び放題
  • 月額課金制(サブスク)で継続しやすい料金設定
  • 同じ志を持った仲間と挫折せず続けられるサポート体制
  • 卒業後には副業・フリーランスとして活躍できる案件紹介あり

SHElikes』は、未経験から動画編集、Webデザイン、ライティング、マーケティングなどのWebスキルを学ぶのにおすすめの女性向けキャリアスクール。

SHElikesの大きな特徴は、動画編集以外にも、30種類以上豊富なコースが用意されており、UIUXデザイン / ライター / マーケティング /  写真撮影など、クリエイティブを中心に様々なカリキュラムを学ぶことができます。

SHElikes(シーライクス)のコース

動画編集コースでは、動画制作の実践課題を通して、動画編集ソフトであるPremiere Proの基本操作をマスターし、様々な動画を作成することができるようになるコースとなっています。

受講することで、Premiere Pro の基本的な使い方を理解し、Vlog動画 / WEB広告動画 / YouTube動画を作成できるようになります。

また、モーショングラフィックスコースは、動画編集ツールAfter Effectsの基本的な使い方から、動画の企画、アニメーションの作成など、動画作成に必要な知識を学ぶことができます。

そして、SHElikesは入会金と月額さえ支払っていれば、コースの垣根を越えて自由に受講することができます。動画編集講座を数回受けて合わないと感じたら中断してもOK。他のコースに転向してもいいですし、並行で授業を受けてもOKです。

また、SHElikesでは「もくもく会」というオンライン勉強会がほぼ毎日開かれています。もくもく会ではTA(ティーチングアシスタント)に学習の質問をすることができます。このもくもく会が、SHElikesの交流コミュニティーの役割にもなっています。

加えて、SHElikesは学習のサポートだけでなく、月1回のコーチングを通して「自分自身の状態を整える」お手伝いもしてくれます。

SHElikesは、動画編集講座以外のコースも受講できて月額13,567円〜。入会金だけ少しお高めですが、長い目で見た時に業界相場としては良心的な価格です。女性でWebスキルを身につけたい人は、ぜひSHElikesの無料体験を受けてみてください。

SHElikesのスクール情報

受講期間 1~2ヶ月が目安(無期限)
受講料金 1ヶ月プラン:16,280円
6ヶ月プラン:93,280円
12ヶ月プラン:162,800円
受講方法 通学(青山・銀座・名古屋・銀座)/ オンライン
学習内容
Premiere Pro / After Effect
ポートフォリオ制作
(ポートフォリオ制作に関する相談は可能)
就職・転職サポート
(キャリア相談はあるが求人紹介はなし)
独立支援サポート
(卒業後に仕事獲得サポートあり)
学習サポート
(回数無制限でチャットで質問可能)
公式サイト https://shelikes.jp/

SHElikesの口コミ・評判

\無料体験実施中!/

「SHElikes」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
SHElikes(シーライクス)動画編集講座の口コミ・評判は?学習内容を解説
SHElikes(シーライクス)動画編集講座の口コミ・評判は?学習内容を解説

⑩Famm|1ヶ月の短期集中で学べるママ専用の少人数制動画講座

Famm|1ヶ月の短期集中で学べるママ専用の少人数制動画講座

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 1ヶ月の短期集中コースのため、忙しいママでも挫折しにくい
  • ベビーシッターを無料で手配してくれる
  • 最大8名までの少人数制で6ヶ月間は講師へ質問し放題
  • 卒業後は5件の案件保証がありポートフォリオとして換算できる
  • 卒業後は動画編集と親和性の高い100個以上のスキルを無料で学習可能

Famm動画クリエイター講座』は累計3,000名の卒業生を誇る動画編集スクールです。外部機関の調査で3部門の1位に輝くなど、「ママが通いやすいスクール」となっています。ママ向けにデザインされているスクールはFamm以外ないため、非常に貴重なクールと言えます。

オンライン完結で、1ヶ月の短期集中で学習可能です。また、授業に参加する場合、Famm側が無料でベビーシッターを手配してくれるため、ママさんは安心して学習に集中できます。最大8名の少人数クラスになるため、きめ細かいサービスが特徴です。

3ヶ月以上の動画編集スクールが多い中、1ヶ月という短期集中で挫折を回避するカリキュラムはFammが実施する動画クリエイター講座の大きな特徴となります。

そして、Fammならではの特徴にベビーシッターサービスを無料で利用できる制度があります。ご自宅でオンラインで授業に参加する場合、Famm側が無料でベビーシッターを手配してくれるため、ママさんは安心して学習に集中できます。

そして、Fammのコミュニティに参加すれば同じ境遇のママと簡単につながれます。学習中においても同じ境遇で頑張っている受講生の存在を感じることができれば、挫折しにくいでしょう。

Famm(ファム)Webデザイナー講座の特徴2

オンライン授業はライブ形式で、予め録画編集されたビデオではありません。Web会議アプリZOOMを使いオンライン受講ができ、どこに住んでいても均一な授業を享受できるが特徴です。やむを得ず授業に参加できなかった場合にも、録画が残るので安心です。

そして、卒業後は実案件を5件紹介してもらえ、初心者が苦労しがちな「ポートフォリオ」も制作できます。加えて、卒業後も6ヶ月は自由に質問をできたり応用講座の動画を視聴できたりと、着実にWebデザイナーとして成長できる環境が整っています。

「同じ境遇のママ同士のコミュニティ」や「サポートが手厚いのに業界最安級のお手軽な価格設定」とサポートも充実しているため、もしあなたが子育てをしながら動画編集を学びたいならこれほど適したスクールは他にないため、ぜひ受講を検討してみてくださいね。

Fammのスクール情報

受講期間 最短1ヶ月
(卒業後6ヶ月は無料サポートあり)
受講料金 184,800円〜
受講方法 オンライン
学習内容
After Effects / Premiere Pro
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(案件紹介あり)
質問サポート
(卒業後6ヶ月間は回数無制限で質問可能)
公式サイト https://famm.us/ja/school/movie/ad/lp

Fammの口コミ・評判

\無料説明会実施中!/

「Famm」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
Famm(ファム)動画クリエイター講座の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
Famm(ファム)動画クリエイター講座の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

» 比較表に戻る↑↑

社会人向け動画編集講座おすすめランキング5選【口コミ・評判あり】

社会人向け動画編集講座おすすめランキング5選【口コミ・評判あり】

続いて、おすすめの動画編集講座を紹介します。動画編集スクールと比較して料金が安めなので、料金重視で選びたい方は検討してみてください。

おすすめの動画編集講座

(クリックで詳細箇所へ)

  1. デジハリオンライン
    →Adobeを学べて転職・副業・独立・学習サポート全ての分野が手厚い
  2. クリエイターズジャパン
    →1日1時間の勉強で1ヶ月後にPremiere Proをマスター
  3. ヒューマンアカデミー
    →全国23教室を展開!業界内では珍しい卒業後も手厚い就職・転職支援
  4. MovieHacks
    →最安値級の買切り型教材で課題合格者には案件紹介あり
  5. デイトラ
    →学習範囲が広く多くのスキルを学べる実践的カリキュラム

①デジハリオンライン|転職・副業・独立・学習サポート全ての分野が手厚い

デジハリオンライン|転職・副業・独立・学習サポート全ての分野が手厚い

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 市場が大きくニーズの高いAdobeを使ったカリキュラム
  • 副業で稼いだり、フリーランスとして独立する時に役立つ案件紹介あり
  • アップデートされ続ける質の高い教材
  • 業界内では珍しい卒業後の就職・転職サポート
  • Any's友の会のようなイベントや交流会で仲間や人脈を広げられる

デジハリオンライン』は、デジタルハリウッドが映像制作に特化した講座として解説している動画編集スクールです。AdobeのPremiere Proや、After Effectsといったソフトを使い、動画サイトや広告動画などを制作するのに最適なツールの扱い方を学べます。

他のスクールではFinal Cut Proを指導する場合もありますが、デジハリオンラインでは転職・就職に有利なAdobeを使用します。YouTube編集はFinal Cut Proで十分ですが、転職・就職さらにはフリーランス案件のほとんどもAdobeソフトなのでありがたいですね。

デジハリオンライン動画編集講座の他社との比較

そして、デジハリ生限定で、フリーランス案件を紹介してもらえます。運営会社のデジタルハリウッドは動画制作会社や広告代理店とのコネクションが非常に強いため、フリーランスの案件まで紹介してもらえます。未経験OKの案件が豊富に用意されています。

また、デジハリは就職・転職サポートも充実しています。デジハリ生限定の非公開求人を閲覧できるサービスを用意しています。デジハリ生に限定した求人なので、一般に公開されている求人よりも倍率が低く、かつ良質な企業であることが多いようです。

デジハリオンラインは、業界大手であるデジタルハリウッドの関連サービスのため、知名度が高いです。多くの企業に存在を認知されているので就職や転職活動の際には有利になってきます。

さらに、デジハリオンラインの卒業生はなんと10万人以上。活躍の場も広がっているため、卒業生のネットワークを使えば動画編集者としての活動も有利に進めることができますよ。

デジハリオンラインのスクール情報

受講期間 ・動画クリエイター講座:約6ヶ月(26週間)
・ネット動画広告入門:約3ヶ月(13週間)
・After Effects・Premiere講座:約3ヶ月(13週間)
受講料金 ・動画クリエイター講座:281,600円
・ネット動画広告入門:53,900円
・After Effects・Premiere講座:74,800円
受講方法 オンライン
学習内容
After Effects/Premiere Pro/DaVinci Resolve/Illustrator/Photoshop
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(受講生限定の非公開求人サイト・個別相談・採用セミナー)
独立支援サポート
(フリーランス案件の紹介)
学習サポート
(回数無制限で質問可能)
公式サイト https://online.dhw.co.jp/course/3dcg_movie/

デジハリオンラインの口コミ・評判

\無料カウンセリング実施中!/

「デジハリオンライン」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
デジハリオンライン動画編集講座の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
デジハリオンライン動画編集講座の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

②クリエイターズジャパン|1日1時間の勉強で1ヶ月後にPremiere Proを習得

クリエイターズジャパン|1日1時間の勉強で1ヶ月後にPremiere Proを習得

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント

  • 副業やフリーランスを目指す人向けに制作されたカリキュラム
  • 案件獲得の営業文章を添削してくれるサービスあり
  • Adobe Premiere Proの基本操作からマネタイズの方法まで教えてくれる
  • オリジナルテンプレートや編集データを無料提供してくれる
  • オンラインサロンがありオフ会も定期的に開催

クリエイターズジャパン』は、副業で稼ぎたい、フリーランスの動画編集者を目指しているという方におすすめの動画編集スクールです。

最短14日間でPremiere Proをマスターできるカリキュラムになっており、Adobe Premiere Proの基本操作を中心にPhotoshopでのサムネイル画像を作成する方法を学びます。

また、上記のスキル以外を習得後にはYouTubeを軸にしたマネタイズの方法も教えてくれるので、受講後にはしっかりと稼げるフリーランスの動画クリエイターになることが可能です。

クリエイターズジャパンの特徴

しかも、クリエイターズジャパンでは、実践で使えるプロが作ったオリジナルテンプレートや編集データを提供してもらえます。

テンプレートがあると時間短縮できますし、いきなりプロ仕様の編集ができるようになるため、プロの動画クリエイターへショートカットして歩むことが可能です。

クリエイターズジャパンには、案件獲得のサポートや、案件獲得のための営業文章を添削してくれるサポートがあります。

将来的に自ら案件を獲得する上で営業の文章は非常に重要です。ただ、その営業の文章をプロが丁寧に添削してアドバイスしてくれるので、案件獲得のスピードを速めることが可能です。

そして、カリキュラム終了後の卒業生にはクリエイターズジャパンからYouTube動画制作などの案件紹介もあります。また、「LINE@での質問サポート」や「オンラインサロン形式で仲間ができる」など、サポート体制も充実しています。

クリエイターズジャパンのスクール情報

受講期間 1ヶ月~
受講料金 79,800円
受講方法 オンライン
学習内容
Premiere Pro中心 / SNSでの提案方法 / 確定申告
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(オンラインサロンを通じた案件紹介あり)
学習サポート
(LINE@で質問可能)
公式サイト https://creators-jp.com/

クリエイターズジャパンの口コミ・評判

\オンラインで受講可能!/

「クリエイターズジャパン」の公式サイトをチェック

※LINEで問合せ可能

あわせて読みたい
クリエイターズジャパンの口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
クリエイターズジャパンの口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

③ヒューマンアカデミー|業界内では珍しい卒業後も手厚い就職・転職支援

ヒューマンアカデミー|業界内では珍しい卒業後も手厚い就職・転職支援

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 動画クリエイターに必要な一連の実践的スキルを習得できる
  • 業界内では珍しい卒業後も手厚い就職・転職サポート
  • 全国23拠点に通学できオンラインとの併用も可能
  • 映像見放題で疑問点は回数無制限でZoomで通話にて質問可能
  • 副業で稼ぐ時やフリーランスとして独立する時に役立つポートフォリオ制作

ヒューマンアカデミー』は、動画編集・映像制作における必須技術を一通り学べるだけでなく、手厚い就職・転職サポートや、副業・フリーランスのコンペで有利になるポートフォリオ制作サポートまで全てセットになっている動画編集スクールです。

動画編集者に必要な動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」はもちろん、Premiere Proと同じく需要の高い「Adobe After Effects」や、デザインツールの「Photoshop」「Illustrator」まで、動画クリエイターで活躍するための幅広い実践的スキルを学ぶことができます。

ヒューマンアカデミーでは専任のキャリアカウンセラーがつき、受講前から就職後まで、ずっとサポートし続けてくれることが特徴です。

手厚い就職・転職サポート

他の動画編集・映像制作スクールだと、就職サポートがそもそもないか、あっても受講終盤から就職サポートが始まることが多いです。

多くのスクールでは、副業・フリーランスサポートを受けられる一方、就職・転職サポートに関してはあまり充実していないデメリットがあります。

その点でヒューマンアカデミーは、専任のキャリアカウンセラーと早いうちから会話を重ねていくことで、あなたが目指すキャリアを丁寧に汲み取り、本当に納得いく就職・転職ができるよう支援してくれます。

また、ヒューマンアカデミーでは、就職や転職活動に役立つポートフォリオを動画編集初心者でもしっかりと作れます。ちなみに、このポートフォリオはフリーランスとして独立する時にも使えるので、一石二鳥ですよ。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、全国各地へ教室を持つ規模を活かした、「通学」、「オンライン」、「通学とオンラインの併用」と3つの受講スタイルがあります。

そもそも、全国各地に教室を持つ動画編集スクールはほぼ存在しないことが現状です。なので、受講スタイルの豊富さや利便性で選ぶなら、ヒューマンアカデミーがおすすめです。

ヒューマンアカデミーのスクール情報

受講期間 動画クリエイターコース:6ヶ月
動画クリエイター総合コース:6ヶ月
Web動画クリエイターコース:12ヶ月
受講料金 動画クリエイターコース:250,668円
動画クリエイター総合コース:394,192円
Web動画クリエイターコース:919,363円
※教育訓練給付金制度の利用で受講料が20%off
受講方法 通学(23校)/ オンライン
校舎住所 【北海道】札幌
【東北】仙台
【関東】新宿、銀座、横浜、大宮、千葉、柏、
【東海】名古屋、静岡、浜松
【関西】大阪梅田、大阪心斎橋、大阪天王寺、京都、三宮
【中国・四国】広島・岡山・高松
【九州・沖縄】福岡、熊本、鹿児島、沖縄
学習内容
Webリテラシー/デザイン基礎/Photoshop/Illustrator/Premiere Pro/After Effects/Web動画広告/サムネイル/バナー制作/動画撮影/ポートフォリオ制作/Webサイト制作基礎/HTML・CSS/レスポンシブWebデザイン/WordPress/JavaScript/XD/UIデザイン/制作実践講義(動画)
ポートフォリオ制作
(プロによる添削あり)
就職・転職サポート
(国内最大手スクールのコネクション)
独立支援サポート
(キャリア相談はあり)
学習サポート
(回数無制限でチャットで質問可能)
公式サイト https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/

ヒューマンアカデミーの口コミ・評判

\無料説明会&資料請求受付中!/

「ヒューマンアカデミー」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の口コミ・評判は?サポート内容を解説
ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の口コミ・評判は?サポート内容を解説

④MovieHacks|最安値級の買切り型教材で課題合格者には案件紹介あり

MovieHacks|Youtube動画編集に特化した買切り型教材

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 市場拡大中で案件獲得しやすいYoutube動画編集に特化して学べる
  • 買い切り型の動画教材のため無期限で何度でも視聴可能
  • 疑問点は24時間365日無期限で質問し放題
  • 文字スタイルのテンプレートが無料で配布される
  • 課題合格者には案件紹介があるお仕事案内所への参加権利をもらえる

MovieHacks』は、YouTubeに特化した動画編集方法を伝授してくれる、非常に人気の動画編集スクールです。動画の冒頭数秒で流れるOPの編集もしっかりと講座で用意されています。

MovieHacksのコンテンツは一度購入すれば受講期間終了後も無期限で何度でも視聴可能です。

他の動画編集スクールの場合、受講期間中しか教材を閲覧できないのが一般的ですが、それだと正直動画編集をマスターして1人立ちするには学習期間が短すぎます。その点、MovieHacksは卒業という概念がないため、しっかりと稼げる動画クリエイターを目指すことが可能です。

また、MovieHacksでは、実践で使える文字スタイルのテンプレートが用意されており、入校することで自由に使えるようになります。

テンプレートがあると時間短縮できますし、いきなりプロ仕様の編集ができるようになるため、プロの動画クリエイターへショートカットして歩むことが可能です。

そして、案件獲得支援コースでは、MovieHacksの通常講座にプラスして案件獲得に特化したコンサルで大人気の「福島寛人さんの案件獲得コンサル」を受講可能です。

福島寛人さん

福島寛人さんのプロフィール

  • 大学生から動画編集を始め、動画編集ディレクターに転向
  • 編集歴2年で個人・法人の動画を作成
  • 現在は講師業とディレクター業
  • YouTubeチャンネル登録者数17000人

また、MovieHacksでは受講生特典として、動画編集のお仕事案内所への参加権利を得られます。お仕事案内所に参加していると、案件が来た際に優先的に仕事を獲得することが可能です。

Youtube動画編集に特化して学べ、質問対応も期間無制限と手厚いサポートがあるにもかかわらず、Movie Hacksの受講料は安いです。

MovieHacksのスクール情報

受講期間 無期限
受講料金 通常コース:69,800円
案件獲得コース:99,800円
受講方法 オンライン動画(買い切り)
学習内容
Premiere Pro/AfterEffects/Photoshop
ポートフォリオ制作
(無期限の質問サポートあり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(課題をクリアした受講生のみ案件紹介あり)
質問サポート
(卒業後も回数無制限でチャットで質問可能)
公式サイト https://skill-hacks.co.jp/movie-hacks/

MovieHacksの口コミ・評判

\YouTubeの動画編集に特化!/

「MovieHacks」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
MovieHacks(ムービーハックス)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説
MovieHacks(ムービーハックス)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

⑤デイトラ|学習範囲が広く多くのスキルを学べる実践的カリキュラム

デイトラ|学習範囲が広く多くのスキルを学べる実践的カリキュラム

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント

  • 動画編集の基礎から案件獲得方法まで学べる実践的カリキュラム
  • アップデートされる買い切り型教材のため半永久的に閲覧可能
  • 受講後は副業やフリーランスとして活躍しやすい
  • ポートフォリオ制作支援が充実しており添削サポートもあり
  • 業界最安級の料金の安さ

デイトラ』は、年間受講者数8,000人超の国内最大規模のオンラインスクールです。X(旧Twitter)の企画から運営をスタートした過去があり、「未経験から月5万を動画編集で稼げるスキルを身につける」ことに特化したスクールです。

具体的には「YouTube動画編集」「TikTok動画編集」がメインの学習内容になります。近年のショート動画の流れを受けて、TIkTokなどショート動画の講座も追加されています。

具体的には、基礎編では編集ソフトの基本的な使い方を学び、応用編ではアニメーションやマルチカメラ編集のやり方など、仕事で求められるレベルの技術を学んでいきます。

そして、サムネイル編で動画編集とセットで頼まれることの多いサムネイル作成をPhotoshopを使って学んでいきます。最後の実務編でポートフォリオの作成や価格の決め方、案件獲得から契約、編集、納品、請求書発行まで業務の一連の流れを解説します。

また、デイトラ動画編集コースでは、動画編集スキルをただ学ぶのではなく「実案件を意識して学んでいくこと」が特徴です。

デイトラの実案件を想定した実践的カリキュラム

動画編集スクールの中には、動画編集の基本テクニック(例えば動画のカット、テロップ入れなど)を教えるスクールが多いです。ですが、デイトラいわく、少しの編集技術を学んだところで、動画編集者としては稼げないと言っています。

そこでデイトラでは、動画編集の基本テクニックはもちろん、プロの動画編集者の思考法や、Youtube動画編集の実践スキル、案件獲得までの具体的方法まで、完全未経験から実際に実案件で稼げるようになるまでの全てを、トータルサポートするカリキュラムを作っています。

また、受講後はすぐに副業・フリーランスとしてスタートできる点も特徴です。しかも、デイトラ動画編集コースでは、ポートフォリオ作成支援が充実しているので、未経験でも良いポートフォリオを準備し、案件受注を有利に進めることが可能です。

デイトラのスクール情報

受講期間 無期限
受講料金 99,800円
受講方法 オンライン
学習内容
サムネ制作方法//ポートフォリオ作成/価格の決め方/営業方法/案件の流れから契約、請求書発行
ポートフォリオ制作
(プロ講師のサポートのもとポートフォリオ制作あり)
就職・転職サポート
(キャリア相談のみ、求人紹介なし)
独立支援サポート
(案件獲得サポートが充実)
学習サポート
(回数無制限でチャットで質問可能)
公式サイト https://www.daily-trial.com/movie/

デイトラの口コミ・評判

\X(旧Twitter)で大人気のスクール!/

「デイトラ」の公式サイトをチェック

※オンラインで受講可能

あわせて読みたい
デイトラ動画編集コースの口コミ・評判は?カリキュラム・学習内容を解説
デイトラ動画編集コースの口コミ・評判は?カリキュラム・学習内容を解説

» 比較表に戻る↑↑

社会人におすすめの動画編集スクールを目的別に紹介

社会人におすすめの動画編集スクールを目的別に紹介

本章では、前章で紹介した動画編集スクールを目的別に分けてみました。あなたの目的に合うスクールが見つかったら、ぜひ無料説明会を受講してみてください。

目的一覧

  1. 安いのに質が高い動画編集スクール
  2. 口コミ・評判の良い人気の動画編集スクール
  3. 初心者や挫折した人におすすめの動画編集スクール
  4. 副業やフリーランスで活躍したい人向けの動画編集スクール
  5. 就職・転職サポートのある動画編集スクール
  6. 学生におすすめの動画編集スクール
  7. 女性におすすめの動画編集スクール
  8. YouTubeの動画編集者になりたい人におすすめのスクール
  9. 短期間で集中的にスキルを習得できる動画編集スクール

①安いのに質が高い動画編集スクール

安さやコスパを求めるなら『エディターキャンプ』、『クリエイターズジャパン』です。

エディターキャンプは、集団指導のコースとマンツーマン指導のコースがありますが、最も人気のマンツーマン指導のコースでさえも、5ヶ月で10万円程度で受講することができます。かといって、カリキュラムも質が高く弱点がありません。しかも、受講期間は無期限のため、質の高いカリキュラムでコスパ良く学びたい方には最適です。

クリターズジャパンはYouTubeでのマネタイズに特化しているため、エディターキャンプと比較すると学習範囲は狭いですが、短期集中で副業やフリーランスとして活躍できるようになるため、期間と価格のバランスを求めるならおすすめです。

ただ『studio US』の最安値コースは、案件紹介とかはないですが、動画編集の基礎スキル(Premiere ProとAfter Effects)に特化して月5.5万円で受講することができ大人気のため、チェックしてみても良いと思います。

②口コミ・評判の良い人気の動画編集スクール

口コミ・評判で決めるなら『デジハク』か『デジタルハリウッドSTUDIO』が良いと思います。

特にデジハクは受講生満足度94%と非常に評価が高いスクールなので、おすすめです。

デジタルハリウッドは大学も持つような権威ある学習の場です。卒業生の多くが映像業界でプロとして働いていることからも評価は非常に高いと言えます。

③初心者や挫折した人におすすめの動画編集スクール

初心者や挫折した人におすすめなのは『デジハク』か『Chapter Two』がおすすめです。

デジハクは、手厚いマンツーマン指導のもと、案件獲得方法も丁寧に指導してくれますし、短期集中で学べるため、モチベーションを維持したまま、卒業することが可能です。

Chapter Twoでは、0から学べるカリキュラムに手厚いサポートが好評で、わからないところを24時間チャットで聞き放題であることに加え、勉強の進め方などについて個別面談でサポートしてもらえます。さらに、副業にチャレンジするときは営業の場に講師がついてきてくれるなど、充実のサポート体制で人気です。

④副業やフリーランスで活躍したい人向けの動画編集スクール

副業で稼いでいる卒業生が多い動画編集スクールは『デジハク』、『studio US』です。

動画編集のスキルを使った稼ぎ方は、「企業の動画広告を作って稼ぐ」という方向に向かっています。そうした動画広告で稼ぐためのスキルが学べるのが上記のスクールです。動画制作スキルを学ぶことで卒業後に圧倒的に稼ぎやすくなります。

ちなみに、studio USは案件紹介サポートがあるので、副業に最適です。デジハクは営業スキル等も学べるため、報酬単価の高い案件を獲得できるようになるでしょう。

⑤就職・転職サポートのある動画編集スクール

転職サポートが充実しているのは『ヒューマンアカデミー』、『デジハリオンライン』、『デジタルハリウッドSTUDIO』です。

動画編集業界への転職を目指すならこちらのスクールがおすすめです。

ヒューマンアカデミーは、転職サポートが最も充実しており、専任のキャリアカウンセラーがつき、受講前から就職後まで、ずっとサポートし続けてくれることが特徴です。

また、デジハリオンラインやデジタルハリウッドSTUDIOも豊富な転職支援を用意。一般的な転職サイトに掲載されていない独自の求人案件も持っています。同じデジタルハリウッドグループのため、求人の質もピカイチです。

動画編集スクールの中で、就職・転職サポートをしているスクールは非常に貴重なので、転職重視なら、上記のスクールから選ぶことをおすすめします。

⑥学生におすすめの動画編集スクール

学生には『studio US」、『クリエイターズジャパン』がおすすめです。

学生のスクール選びに重要なのが料金とコミュニティの有無です。これらのスクールは料金も安い、かつ分割払いでスキルを習得することができます。

クリエイターズジャパンは卒業後に動画編集者のコミュニティに参加することができ、オフ会なども開催。そうしたつながりの中で仲間とスキルを磨いたり、案件を受注できたりできるのもメリットです。

社会人の方は、お子さんにもおすすめするのも良いと思います。

⑦女性におすすめの動画編集スクール

女性には『Chapter Two』、『クリエイターズジャパン』、『SHElikes』がおすすめです。

Chapter Twoはただ動画をつなげるだけでなく、可愛らしいアニメーション映像を作れるので女性におすすめです。女性の強みを活かした動画制作ができます。

また、クリエイターズジャパンは創業者が女性で、コミュニティ内に女性メンバーも多くいらっしゃいます。おしゃれなスクールで学びたいならSHE likesもおすすめです。

⑧YouTubeの動画編集者になりたい人におすすめのスクール

YouTubeの動画編集者になりたいなら『クリエイターズジャパン』、『MovieHacks』がおすすめです。

YouTubeの動画編集をするためのスキルは動画編集全体の中でもそこまで難しいものではありません。そのため、クリエイターズジャパンのように最短14日でスキルを習得することも可能です。

また、基本的な動画編集スキルに加えて、動画の導入で使えるアニメーション作成スキルや企画構成作りのノウハウも学べるとさらに稼げる人材になります。

企画力などは自分のチャンネルを立ち上げる時にも役立ちますので、それらを学べる上記のスクールがおすすめです。

⑨短期間で集中的にスキルを習得できる動画編集スクール

最短で動画編集を学びたいなら『デジハク』か『クリエイターズジャパン』です。

デジハクでは、就職や転職活動に役立つのはもちろん、フリーランスとして独立した時に役立つポートフォリオを作成できます。動画クリエイターとして生きていけるかは実績が全てです。スクールに通うだけで強力はポートフォリオを作ることができるので、他のライバルに差をつけることができます。

クリエイターズジャパンは最短14日でスキルが身につくカリキュラムになっています。14日で習得するためには1日に勉強する時間も多く取る必要がありますが、短期間で集中的に学習したい人にはおすすめです。

» 比較表に戻る↑↑

社会人向け動画編集スクールを選ぶポイント

社会人向け動画編集スクール・講座を選ぶポイント

まずは、次章から紹介する動画編集スクールを選ぶポイントをまとめます。この基準をもとに、各スクールを選抜しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

選ぶポイント

  1. カリキュラム・学習内容
  2. サポート体制の充実度
  3. 学べる編集ソフトやスキル
  4. 講師の質(現役の動画クリエイターか)
  5. 料金とコストパフォーマンス
  6. 受講形式(通学orオンライン)
  7. 受講者の声と口コミ・評判

①カリキュラム・学習内容

まずは、未経験者でも基礎から学べるカリキュラムがあるかどうかを確認しましょう。基礎から応用まで体系的に学べるカリキュラムが整っているスクールを選ぶことが重要です。

また、動画編集スクールには下記3つに分類できると思います。自分の学習目的を明確にし、それに合ったコースを選びましょう。

例えば、副業として動画編集を学びたいのか、フリーランスとして独立したいのか、就職・転職を目指しているのかによって、選ぶべきコースが異なります。

ここで紹介したスクールは、基本的にどのスクールも体系的なカリキュラムが組まれており、初心者の方であれば、どのスクールを選んでも問題ないです。

そのため、さらに詳細な選び方として、あなたの将来の目的に沿って、上記の目的に合うスクールを選ぶと良いでしょう。

②サポート体制の充実度

「転職や副業・独立サポートの充実度」についてもう少し深掘りしましょう。動画編集スクールによって用意されたサポートや内容は大体は下記に集約されます。

転職サポート ・求人紹介
・書類・面接対策
・ポートフォリオ制作
副業・独立サポート ・案件紹介
・営業文の書き方
・ポートフォリオ制作

転職や独立サポートについてが、スクール選びで最も差がでるポイントだと思います。

正直、初心者が転職・独立をするのはとても大変です。最低でも1~2年程度はかかります。その点、スクールに通うことで、この最も難易度の高い転職・独立を苦労せず、しかも短期間でクリアすることが可能です。

ただ、覚えてきたいのは、「就職・転職サポートメイン」のスクールは少ないです。理由は動画編集という仕事自体がどちらかというと「副業・独立向けの仕事」で、企業に属するという働き方が向いていないからです。

しかし今後は企業も動画編集者を雇う時代が来ることは容易に想定されます。そのため、競争が激化していない今の内に優良企業に就職・転職しておくのも良いと思います。

以上のことから「就職・転職サポートメイン」は希少です。就職・転職サポートメインのスクールは『ヒューマンアカデミー』や『デジハリオンライン』くらいのため、動画編集会社に就職・転職したい方は検討してみると良いでしょう。

それ以外の方は、『デジハク』や『studio US』を始めとした、副業・独立サポートをメインしているスクールを選びましょう。

③学べる編集ソフトやスキル

動画編集のソフトには複数の種類があり、スクールによって学べるソフトが異なります。どのソフトを学ぶかで将来のキャリアも異なってくるため、どのソフトを学ぶかは重要です。

事前にカリキュラムの内容を確認して、どのソフトを学習しどんなスキルを身に付けられるスクールなのかをチェックしておくことが重要です。

動画編集で使われる主なソフト
Adobeソフト 対応OS 特徴
Premiere Pro Windows/Mac
  • カット編集・テロップ入力・トリミングといった基本的な動画編集の作業ができる
  • Adobeの主体となるソフトで「After Effects」や「Photoshop」などと一緒に使用するのが一般的
After Effects Windows/Mac
  • 合成・ぼかし・アニメーションといった動画の特殊加工ができる
  • Adobe Premiere Proで作った動画に「動き」を持たせる役割
Photoshop Windows/Mac
  • 静止画の合成・色調補正・トリミングができる
  • 文字入れやトリミングなどの簡単な動画編集も可能
Illustrator Windows/Mac
  • ロゴやアイコン・イラスト制作ができる
  • 動画にオリジナルテロップやロゴを入れたいときに役立つ

動画編集ソフトとして最も主流なのが、Windows・Macのどちらにも対応している「Adobe Premiere Pro」です。

さらに、Premiere Proの派生ソフトである「Adobe After Effects」や「Adobe Illustrator」と組み合わせれば、3Dやアニメーション効果を加えた高クオリティの動画が作れます。

動画編集の仕事はPremiere Proで依頼されることがほとんどですが、まれにMacOS向けの「Final Cut Proで作って欲しい」というクライアントもいます。

動画編集スクールでは、主にPremiere Proを中心に使って学習を進めます。より高度な技術を学びたい場合は、After EffectsやIllustratorを深く取り扱うスクールをチェックしましょう。

④講師の質(現役の動画クリエイターか)

現役の動画クリエイターが講師を務めているスクールを選ぶと、実践的なスキルや最新のトレンドを学ぶことができます。

講師が実際に業界で働いた経験があるか、または著名なプロジェクトに関わったことがあるかとチェックすると講師の質がわかりやすいので、無料体験時に聞いてみると良いでしょう。

また、質問や相談がしやすい環境が整っていると、学習の質が向上します。

⑤料金とコストパフォーマンス

予算に合ったスクールを選ぶことも重要です。

スクールによっては、『エディターキャンプ』や『ヒューマンアカデミー』のように、教育訓練給付金制度の対象コースがあり、受講費用が20%offに、上限10万円までキャッシュバックを受けられる場合もあります。

また、月々定額制のプランや割引クーポンの提供があるスクールもあります。

⑥受講形式(通学orオンライン)

動画編集スクールは、校舎に通って直接授業を受ける「通学型」、動画を視聴する「オンライン型」の2つのスタイルが一般的です。

それぞれのメリット・デメリットを表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

メリット デメリット
通学
  • 生徒や講師と交流できる
  • その場ですぐに質問できる
  • パソコンや教材の貸出しあり
  • 通学時間がかかる
  • 通学エリアが限定的
オンライン
  • 時間・場所の制限なし
  • 通学型より価格が安い
  • 自習しやすい
  • モチベーション維持が難しい
  • 機材や作業環境が必要
  • すぐに質問できない

「自制心を保ちつつ自習するのが苦手」・「自宅だと集中できない」という人には、通学型のスクールがおすすめ。

一方で、「仕事をしながら自分のペースで学びたい」「地方在住者で近くに校舎がない」という人はオンライン型スクールがおすすめです。

今はオンライン完結でもクオリティ的には全く同じなので、どちらが優れているとかはありません。

⑦受講者の声と口コミ・評判

スクール卒業生のレビューや評価をチェックすることで、スクールの効果を判断できるため、公式サイトに掲載されている場合は必ずチェックするようにしましょう。

本サイトでは、各スクールを受講した卒業生の声を精査し、個別記事でまとめているので、しっかりとスクールの評判をチェックしたい方は、読んでみてください。

また、無料の体験レッスンを提供しているスクールもあります。

実際に体験してみることで、スクールの雰囲気や講師の質を確認することができるので、2~3校受けてみて比較してみると良いでしょう。

» 比較表に戻る↑↑

社会人向けの動画編集スクール選びで迷った時の選び方

社会人向けの動画編集スクール選びで迷った時の選び方

上記でおすすめの動画編集スクールを紹介しました。ある程度絞りましたが、まだどのスクールにするか迷われている方は、下記のスクールの中から選べば間違いありません。

おすすめの動画編集スクール

(クリックで公式サイトへ)

  1. デジハク
    →ポートフォリオHPを制作でき最短で動画編集を仕事にできる
  2. デジタルハリウッドSTUDIO
    →最短2ヶ月で案件獲得可能でクラス制&動画学習で続けやすい
  3. studio US
    →コスパ最強で最大50本の動画制作をとおして実践スキルを磨ける
  4. エディターキャンプ
    →スタジオ併設の教室が使い放題で案件&返金保証ありなのに安い
  5. Vook school
    →実写映像・モーショングラフィックスのプロを目指せる
  6. デジハリオンライン
    →需要が多いAdobeを学べて就職・転職・独立支援が充実
  7. クリエイターズジャパン
    →1日1時間の勉強で1ヶ月後にPremiere Proをマスター
  8. ヒューマンアカデミー
    →全国23教室を展開!転職・独立を検討中の社会人におすすめ
  9. MOOCRES
    →最大6名の少人数制授業の密着型スクール

以上が結論ですが、どんなに良いスクールも、人によって合う・合わないはあるものです。

そのため、実際に2〜3校の「無料説明会」や「無料カウンセリング」を通じて、ご自身の目で見た上で受講するスクールを決めると、自分にあった後悔しないスクール選びができますよ。

今回紹介した社会人向けのスクールは、いずれも無料説明会や無料カウンセリングを毎日開催しています。気軽に併用しつつ、最終的に1校に絞っていきましょう。

» 比較表に戻る↑↑

社会人におすすめの動画編集スクールに関するよくある質問【Q&A】

社会人におすすめの動画編集スクールに関するよくある質問【Q&A】

最後に、社会人におすすめの動画編集スクールに関するよくある質問をまとめてので、ぜひ参考にしてみてください。

よくある質問

  1. 動画編集は今学んだ方がいいですか?
  2. 動画編集スクールで身につけるべきスキルは?
  3. 動画編集スクールは無駄ですか?
  4. 動画編集未経験でも大丈夫ですか?
  5. 忙しい社会人でも受講できますか?
  6. 動画編集スクールの費用相場は?
  7. 独学とスクールどっちがおすすめ?
  8. 動画編集スクール以外のおすすめ勉強方法は?
  9. 動画編集を学んだ後の未来を教えてください

①動画編集は今学んだ方がいいですか?

結論、今最も学ぶべきスキルだと考えます。理由は下記のとおりです。

今学ぶべき理由

  1. 将来が明るい成長産業だから
  2. 就職・転職の求人が豊富
  3. 副業・フリーランスとして案件を獲得しやすい

今最も勢いのある市場だと思います。成長市場に身を置くことで自然と収入も上がりやすく、メリットしかないと思います。

②動画編集スクールで身につけるべきスキルは?

動画編集スクールに通う場合は、下記のスキルに注力しましょう。

身につけるべきスキル

  1. 動画編集の基礎知識
  2. 企画・ディレクションスキル
  3. 転職・案件獲得のための営業スキル

それぞれ解説します。

1.動画編集の基礎知識

大前提として、動画クリエイターになるためには動画編集の基礎知識は必須です。

ただ、先述のとおりスクールによって学べるソフトは異なるため、目指す動画クリエイター像に合うスクールを選択しましょう。

各スクールで無料相談や無料説明会を開催しているので、あなたのなりたい像を正直に相談してみてください。プロの立場から教えてくれます。

2.企画・ディレクションスキル

収入を伸ばすためには、プレイヤーから企画・ディレクションをするマネジメント側に回ることが必須です。それにスキルを持った動画クリエイターは、圧倒的に仕事の幅が広がります。

YouTube運営に携わったり、CMやWeb広告制作を管理する立場に回れるため、爆発的に収入を伸ばすことが可能です。

そのため、「将来はディレクターになりたい」「収入を大幅に伸ばしたい」と考えている人は、企画・ディレクションも学べるスクールを検討すると良いでしょう。

3.転職・案件獲得のための営業スキル

転職や案件獲得には、それに特化したスキルが必要です。キャリアや生涯年収が大きく変わるので、スクールで学ぶ時は忘れずに身につけるようにしましょう。

特にクライアントワークでは、営業スキルで報酬単価が大きく違ってきます。営業スキルが最も収入に寄与するスキルだと言っても過言ではありません。

スキルは高いのに低単価の案件で消耗している人は本当に多いです。

③動画編集スクールは無駄ですか?

結論からいうと、動画編集スクール・講座は無駄ではありません。むしろ通うできです。

前述の通り、独学では時間を消費しすぎます。トレンドの移り変わりが早い動画編集業界で無駄に時間を消費しているのはもったいないです。

ただし「学習時間を確保でない」、「カリキュラムを終えただけで稼げると思っている」というような姿勢で取り組んでいる方は、スクールを「無駄にする」可能性があるので、注意しましょう。

④動画編集未経験でも大丈夫ですか?

動画編集スクールには、未経験からでもスキルが身につく環境が完備されています。

転職サポート ・求人紹介
・書類・面接対策
・ポートフォリオ制作
副業・独立サポート ・案件紹介
・営業文の書き方
・ポートフォリオ制作

0から動画クリエイターを目指したい方に最適です。独学よりもスキルが身につく確率は圧倒的にスクールのほうが高いです。

⑤忙しい社会人でも受講できますか?

最低でも週21時間(1日3時間目安)は確保できるのは問題ありません。

たとえば、残業だらけで週10時間未満くらいしか確保できない方は、スクールを受講してもスキルは身につきません。そこまで動画編集スキルを身につけるのは甘くありません。

ただ、もし学習時間がギリギリの方は『studio US』か『デジハク』のようにオンライン完結のスクールを選ぶのがおすすめです。スキマ時間を活かせば、効率良くスキルを習得できます。

特にstudio USは、自学自習スタイルで、毎日更新される900本以上の動画教材でインプットし、圧倒的なポートフォリオを作るカリキュラムのため、おすすめです。

⑥動画編集スクールの費用相場は?

費用相場は約30~50万円程度です。料金の幅は数万万円〜50万円までの幅があり、学習内容やサポート体制によって差があります。

料金は通学できるスクールよりもオンライン完結で学べるスクールの方が安い傾向にあります。もし料金重視で選びたいならオンライン完結の中から、あなたの目的に合うスクールを選ぶと良いでしょう。

⑦独学とスクールどっちがおすすめ?

個人的には、圧倒的に「スクール」をおすすめします。

動画編集を独学するのはめちゃくちゃ困難です。それに動画編集を独学する場合は最低でも1~2年程の期間をかけないと案件を獲得できるレベルに到達しないでしょう。

もしそうなると、動画編集の世界ではトレンドの移り変わりが早いので、せっかく学んで身につけたスキルも2年後には無駄になってしまったということも可能性としてはあります。

それに、その学習していた1~2年間、スクールに通っていれば動画クリエイターとして稼げていたかもしれません。その間の収入を捨てることにもなります。

お金でスキルと時間を買えるなら買ってしまった方がメリットが大きいです。特に動画編集のような移り変わりが早い業界ならなおさら。

⑧動画編集スクール以外のおすすめ勉強方法は?

前述の通り、スクールの方がおすすめですが、予算がなくて独学するしかない人もいると思います。そんな方は、下記の中から勉強する方法を選びましょう。

  • 本で学ぶ
  • Webサイトで勉強する
  • YouTube運営で勉強する

⑨動画編集を学んだ後の未来を教えてください

動画編集を学んだ後は、下記の3つのパターンが考えられます。

学んだ後の未来

  1. 動画編集会社・映像制作会社に転職する
  2. 副業で収入源を増やす
  3. フリーランスとして独立する

それぞれ解説します。

1.動画編集会社・映像制作会社に転職する

動画編集スクールを受講すれば、映像制作会社への就職・転職を目指せます。

動画市場規模は急成長を続けている、今最も将来が明かると言っても過言ではない業界です。今後も需要は高まると予想されているため、今のうちに映像業界に就職・転職することで、将来的には安定的に高収入を目指せるでしょう。

ちなみに、就職・転職するなら、サポートの手厚い『ヒューマンアカデミー』か『デジハリオンライン』がおすすめです。

2.副業で収入源を増やす

副業の動画クリエイターになって、副収入を作るのもおすすめです。動画編集は場所と時間に左右されないおすすめの副業の1つです。

動画編集スクールは、副業をしたい方向けのスクールが多いです。ポートフォリオ制作をしたり案件獲得方法を学んだりできるので、スクールの選び方が超重要だといえるでしょう。

特におすすめの動画編集スクールは『デジハク』か『エディターキャンプ』です。無料説明会に参加するだけで動画編集の副業についてわかる「動画クリエイターズMAP」がもらえるため、ぜひ活用してください。

3.フリーランスとして独立する

動画編集スクールを受講すれば、フリーランス独立できるレベルのスキルを習得できます。

最初は副業レベルからスタートして、収入が増えたら独立すると良いでしょう。独立後はクライアントから案件を獲得するのが基本的な働き方ですが、個人的にはひとりでYouTube運営なども並行して、収入源を増やしておくのがおすすめです。

フリーランスとして独立する準備をするのにおすすめのスクールも『デジハク』か『エディターキャンプ』です。Premiere Proまもちろん、高単価の案件を獲得できるAfter Effectsを使った編集技術を磨けるうえ、卒業後はスクールならではの豊富な案件紹介があります。

まとめ:動画編集スクール・講座の無料カウンセリング・相談に参加しよう

動画編集スクール・講座の無料カウンセリング・相談に参加しよう

今回は、社会人におすすめの動画編集スクール・講座を紹介しました。

忙しい社会人でも、働きながら動画編集スキルを身につけることができます。また、動画編集スキルを身につければ、副業やフリーランス独立を通じ、会社に依存せずに収入を得ることができます。

社会人として働きながらでも月5〜10万円くらいは早い段階でも十分目指せる水準ですし、経験を積んでいけば、20万円、30万円、50万円と収入を上げていくことも可能です。

動画編集は在宅ワーク・リモートワークもしやすいので、時間や場所に縛られず、自由な働き方を実現することもしやすいです。加えて、今の本業を辞めて、将来性の高いクリエイティブ業界にキャリアチェンジし、動画をキャリアの軸にすることも可能です。

これからさらに需要が高まる動画クリエイター市場に今の内から取り組み、将来大きく収入を伸ばしましょう。この先5年、10年を生きる手に職を身につけるなら、需要が高く将来性も大きい動画領域は間違いなく有望です。

おすすめの動画編集スクール

(クリックで公式サイトへ)

  • 動画編集スクール(高品質)
    • デジハク
      →最短でフリーランスを目指せて編集、ディレクション、営業まで学べる
    • デジタルハリウッドSTUDIO
      →クラス制&動画学習と広範囲なスキルを学び動画制作のプロを目指す
    • studio US
      →900本以上の動画教材と短期間で作る高品質なポートフォリオ
    • エディターキャンプ
      →スタジオ併設の教室が使い放題で案件&返金保証ありなのに安い
    • Vook school
      →最短1ヶ月で実写映像・モーショングラフィックスのプロを目指せる
    • MOOCRES
      →最大6名までの質の高い少人数制指導で実践的に学ぶ
    • Chapter Two
      →高単価案件が多いAfter Effects特化のカリキュラムと講師が営業同行
    • DMM WEBCAMP
      →短期集中で構成→編集→納品の一連の流れを学べる(最短4週間)
    • SHElikes
      →Vlog動画/WEB広告動画/YouTube動画を作れるようになる
    • Famm
      →1ヶ月の短期集中で学べるママ専用の少人数制動画講座
  • 動画編集講座(費用が安め)

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

サクフリ編集部

サクフリ株式会社では、デジタルマーケティングに特化したWebコンサルティングを実施しており、Web制作からSEO対策、広告・SNS運用をはじめとしたマーケティング、収益化までワンストップで支援。不動産業者と顧客を繋ぐマッチングサイトも運営中。

-動画編集
-