PR 投資・資産運用

利回り不動産の口コミ・評判は?体験談・メリット・デメリットを解説

利回り不動産の口コミ・評判は?体験談・メリット・デメリットを解説

こんにちは。サクフリブログ編集部です。

サクフリブログは、デジタルマーケティング支援に特化したWebコンサルティング会社である『サクフリ株式会社』が運営しているオウンドメディアです。

「IT業界への架け橋になる」というテーマで、IT業界の基礎知識やWebスキルの習得方法を発信。習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスとして独立」する方法も発信しています。

学習者
学習者
クラウドファンディングの利回り不動産の評判について知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
編集長
編集長

フリーランスとして独立、法人を作って企業した時に1つの収入だけに頼っているのは危険です。僕も実際独立当初に運営しているサイトがGoogleのコアアップデートにより吹っ飛び大変なことになった経験があります。

なので、本業とは別で安定したな収入源を確保することは、フリーランスまたは起業家として生きていき上では重要です。

そこでおすすめなのが不動産投資です。僕は5年間不動産会社で投資家やファンド相手に営業をしてきたので、不動産投資に関しては知識が豊富です。

不動産に特化したクラウドファンディングは少額から不動産投資できるサービスとして人気を集めています。ですが、「利回り不動産で投資したいけど、不動産投資ってよく分からない」と躊躇している方もいるかもしれません。

そこで今回は、利用者の口コミ調査と僕の不動産会社で得た知識をもとに、『利回り不動産』の評判について、徹底解説していきます。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
編集長
編集長

\登録無料!/

「利回り不動産」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

利回り不動産とはどんなクラウドファンディング?

利回り不動産とはどんなクラウドファンディング?

まずは、利回り不動産の基本情報から見ていきましょう。

利回り不動産の基本情報

運営会社 株式会社ワイズホールディングス
想定利回り 平均6.54%
約5.5%〜8%
最低投資金額 1万円
運用期間
6〜12ヶ月
特徴 優先劣後方式を採用している
マスターリース契約を結んでいるため安定性が高い
投資分の1%程度がワイズコインで付与される
高利回りが期待できる

利回り不動産の投資案件の特徴

利回り不動産』は、株式会社ワイズホールディングスが提供する不動産クラウドファンディングです。運営会社は東京/大阪/沖縄を中心に不動産事業を展開している不動産のプロです。

最低投資額1万円~始めることができ、不動産投資に興味がある方や、投資初心者の方でも気軽に始めることができます。

優先劣後方式を採用しており、損失が出た場合、一定の損失割合までは運営会社が先に損失を負担してくれるので、投資家に有利な内容といえます。

また、利回り不動産では、第三者とのマスターリース(サブリース)契約を締結しています。

マスターリース(サブリース)契約を結ぶと、空室が発生しても一定の賃料が保証されるので、投資家に支払う分配金が減少する可能性が減ります。そのため、元本や配当を確実に保証するものではありませんが、想定し得るリスクを可能な限り排除することができます。

平均利回りは、更新時時点で6.54%で不動産クラウドファンディングでの平均利回りは4〜5%ほどですので、かなり高いことがわかります。

また、利回り不動産内で使用できるワイズコインという独自コインを運営しており、出資をすると付与され、1コイン1円分として次回以降の投資に使うことができます。つまり、2回目からの投資は前回投資分の1%分を回すことができます。

利回り不動産の投資案件の特徴

登録自体は無料ですし1分程度でできるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。
編集長
編集長

\登録無料!/

「利回り不動産」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

利回り不動産の評判から分かったメリット

利回り不動産の評判から分かったメリット

基本情報を抑えていただいたところで、利回り不動産の魅力をさらに深堀していきます。他社と比較した時の利回り不動産のメリットを紹介します。

利回り不動産のメリット

  1. 1口1万円から少額で投資できる
  2. 優先劣後方式を採用している
  3. マスターリース契約を結んでいるため安定性が高い
  4. 投資分の1%程度がワイズコインで付与される
  5. 高利回りが期待できる

①1口1万円から少額で投資できる

利回り不動産では、最低投資額1万円~始めることができます。

不動産投資は本来非常にお金のかかるものであり、個人投資家の参入が難しい分野の1つです。数百万円はもちろんのこと、数千万円以上かかることも珍しくありません。

しかし、利回り不動産なら、最低額である1万円から投資できます。

②優先劣後方式を採用している

利回り不動産は優先劣後方式を採用しています。優先劣後方式とは、投資家と運営会社が運用しているファンドで共同出資をおこなう仕組みです。

損失が出た場合、一定の損失割合までは運営会社が先に損失を負担してくれるので、投資家に有利な内容といえます。仮に不動産の収益が減ることや価格が下がることがあっても、先に損失を被るのは利回り不動産の運営側です。

物件案件がもし損失を被っても、会社出資額分までなら投資家の出資金をマイナスにすることなく、物件運用・管理が行えます。

③マスターリース契約を結んでいるため安定性が高い

利回り不動産では、第三者とのマスターリース(サブリース)契約を締結しています。

マスターリース契約(サブリース契約)とは、不動産会社が第三者への転貸を目的として物件の所有者と結ぶ特定賃貸借契約と、所有者から借りた不動産会社が入居者(第三者)との間で結ぶ転貸借契約の2つの契約を指します。

マスターリースとサブリースの違いは、誰と誰が契約するかという点です。 マスターリースでは、不動産会社と不動産のオーナーが契約をします。 一方、サブリースでは、不動産会社とその不動産を利用したい人(第三者)が契約します。

マスターリース(サブリース)契約を結ぶと、空室が発生しても一定の賃料が保証されるので、投資家に支払う分配金が減少する可能性が減ります。そのため、元本や配当を確実に保証するものではありませんが、想定し得るリスクを可能な限り排除することができます。

④投資分の1%程度がワイズコインで付与される

利回り不動産では「ワイズコイン」というコインサービスが使えます。

ワイズコインは出資をすると付与され、1コイン1円分として次回以降の投資に使うことができます。つまり、2回目からの投資は前回投資分の1%分を回すことができます。

このワイズコイン、現在は利回り不動産の投資でしか使えませんが、将来的にこのワイズコインを育てていきたいような印象も感じます。今後違った使い道も出てくるかもしれません。

⑤高利回りが期待できる

利回り不動産の平均利回りは、更新時時点で6.54%です。不動産クラウドファンディングでの平均利回りは4〜5%ほどですので、かなり高いことがわかります。

最初のファンドだけ利回りを高くして、だんだん下がってしまうサービスもありますが、利回り不動産ではサービス開始から現在まで高利回りを維持しています。

今後さらに高利回りが期待できる可能性もあるので、この機会にぜひ投資してみてください。

\登録無料!/

「利回り不動産」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

利回り不動産の評判から分かったデメリット

利回り不動産の評判から分かったデメリット

前章ではメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。本章ではデメリットも紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

利回り不動産のデメリット

  1. 元本割れを起こすリスクがある
  2. 途中解約や売却ができない

①元本割れを起こすリスクがある

利回り不動産では募集されるファンドに元本保証があるわけではありません。何らかの要因により投資対象先の評価額が下落して、それが劣後出資部分を超えると投資家の元本が減ります。

元本割れを起こしても、利回り不動産では補填してくれません。ただ、出資法によって元本や配当の保証は禁止されています。

しかし、先述したように優先劣後構造を採用しているため、物件の下落が一定範囲内であれば投資家の元本には影響が出にくくなっていますよ。

もし、この点が心配な場合は『みんなで大家さん』や『TECROWD』の2社はおすすめです。他の不動産クラウドファンディングと比較すると、運用実績が豊富で比較的安定したリターンが見込めます。実際の利用者の口コミも良好です。

②途中解約や売却ができない

これは不動産クラウドファンディング全般で言えることですが、ファンドへの投資から運用期間終了までは途中解約ができないため、解約したくなっても運用期間が終わるまで待つしかありません。

第三者への譲渡も不可となっており、当しか都合で急な現金化もできないので、余裕を持って投資するよう心がけることが重要です。

もし、途中解約や第三者への売却が可能な不動産クラウドファンディングを探している方は『COZUCHI』がおすすめです。平均利回りも4~13%と高く高収益が期待できます。

以上が、利回り不動産のデメリットです。上記のデメリットが気にならない方には利回り不動産はおすすめなので、ぜひ投資先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

» 利回り不動産の公式サイトをチェック!

利回り不動産の評判は?【口コミを徹底レビュー】

利回り不動産の評判は?【口コミを徹底レビュー】

前章では、利回り不動産のメリット・デメリットを紹介しました。本章では、その内容を踏まえて実際の受講者の声を見ていきましょう。

良い口コミ・評判

まずは、良い口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

  1. 投資をする際の判断材料にもなり便利
  2. 本当に使いやすいサイトでした
  3. 会員登録するまでが非常にスピーディー
  4. ワイズコインを使用したポイント投資のような面白みもある
  5. 少額・短期間で不動産投資が出来る
  6. 収益性の高さと賃料保証がついている
  7. 短期かつ利回りがいい案件の募集がある

良い口コミ:評判①:投資をする際の判断材料にもなり便利

情報量が非常に多くて参考にしやすかったですし、投資をする際の判断材料にもなり便利でした。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判②:本当に使いやすいサイトでした

専門用語が使われてなく、本当に使いやすいサイトでした。

質問にも迅速に回答してくれました。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判③:会員登録するまでが非常にスピーディー

会員登録するまでが非常にスピーディーであり、簡単に行えた点は評価します。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判④:ワイズコインを使用したポイント投資のような面白みもある

シンプルに現金での活動ではなく、ワイズコインを使用したポイント投資のような面白みもあるのが良いです。他のサイトポイントのように、このコインに有効期限が設けられていないのも安心出来る点となっていてよかったです。

持参金が少ない人でも参加できるよう、1万円からでも参加できる少額設定も魅力的です。各案件は比較的早期段階で運用期間を終えるものなので、こちらも短期間で収益を出すことが出来ます。気長な運用よりも早く儲けが欲しい人には良い仕組みだと思えました。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判⑤:少額・短期間で不動産投資が出来る

少額・短期間で不動産投資が出来ること、資金が少なくても出来ることが良い点です。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判⑥:収益性の高さと賃料保証がついている

その収益性の高さと賃料保証がついている点です。年利で利回り7パーセントという数字は、他の不動産投資型クラウドファンディングよりも高い数字です。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判⑦:短期かつ利回りがいい案件の募集がある

短期かつ利回りがいい案件の募集がある。募集額も大きい傾向がある。

(引用:サクフリ調査)

利回り不動産のポジティブな評判で多かったのは「ワイズコインを使用したポイント投資のような面白みもある」「少額・短期間で不動産投資が出来る」という口コミです。

悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミ・評判には下記のようなものがありました。

悪い口コミ・評判

  1. 手数料が非常に多く少し不満に感じました
  2. ワイズコインが利用できるのが利回り不動産のみ
  3. 上場企業の不動産ではない
  4. ファンド・投資先が少なめ
  5. 元本保証がない

悪い口コミ・評判①:手数料が非常に多く少し不満に感じました

投資コストや管理費などよく分からない手数料が非常に多く少し不満に感じました。

(引用:サクフリ調査)

悪い口コミ・評判②:ワイズコインが利用できるのが利回り不動産のみ

ワイズコインが利用できるのが利回り不動産のみなので、他社のポイントサービスへの交換などができない。

(引用:サクフリ調査)

悪い口コミ・評判③:上場企業の不動産ではない

上場企業の不動産ではないので、やはり投資をする側としては不安になりました。

(引用:サクフリ調査)

悪い口コミ・評判④:ファンド・投資先が少なめ

ファンド・投資先が少なめなので、なんとか増やして欲しいです。

(引用:サクフリ調査)

悪い口コミ・評判⑤:元本保証がない

元本保証がないので元本割れのリスクがあるところが不満なところだと思います。

(引用:サクフリ調査)

以上、利回り不動産の口コミ・評判でした。

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「ワイズコインの使い道が分からない」「抽選に外れた」といったネガティブな口コミも見受けられました。

利回り不動産の口コミ・評判を紹介しましたが、百聞は一見に如かずです。登録するだけなら無料なので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

\登録無料!/

「利回り不動産」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

利回り不動産がおすすめな人・向いている人

利回り不動産がおすすめな人・向いている人

以上の内容を踏まえ、利回り不動産がどんな人におすすめかをまとめます。

こんな人におすすめ

  • サブリースがある安定したファンドに投資したい
  • 投資資金を短期間で回収できるファンドに投資したい
  • 年利率6%以上の高い利回りが出るファンドに投資したい
  • 少ない金額で不動産投資を始めてみたい
  • 投資リスクが少ないファンドに投資したい
  • 不動産に関するある程度の知識がある人
  • 不動産に興味があり勉強する意欲のある人
  • 不動産投資に興味がある
  • 不労収入を得たい

以上が、利回り不動産がおすすめな人です。上記の中で一つでも当てはまる方は、利回り不動産はおすすめですよ。

登録は無料でできるので、とりあえず登録してくだけ損はないと思いますよ。

\登録無料!/

「利回り不動産」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

利回り不動産の始め方【登録~投資まで】

利回り不動産の始め方【登録~投資まで】

ここまで読んでいただき、利回り不動産が少しでも気になる人は、ぜひ気軽に登録してみてください。登録から利用開始までの流れをまとめると、次の通りです。

登録から利用開始までの流れ

  1. 会員登録
  2. ファンド応募
  3. 契約/入金
  4. 運用
  5. 分配金

step
1
会員登録

まずは、『公式サイト』から投資家登録をします。

お名前や現住所がわかる本人確認書類(免許証など)をご用意ください。必要事項をご記入いただいた後、当社にてご本人確認審査を行います。

WEB上で審査が完了したお客様は、手続完了のメールがお手元に届きますので、その内容に従って次の手続にお進み下さい。

WEB上での本人確認等が完了していないお客様には、初回ログイン時に入力が必要な認証コードを記載した本人確認ハガキを送付いたします。

認証コードのご入力をもって、利回り不動産でのサービスが利用可能となります。

step
2
ファンド応募

会員登録が完了しましたら、「ファンド一覧」より応募が可能です。ファンド応募の際には、事前に「契約成立前書面」のご確認が必要になります。

step
3
契約/入金

ファンド成立のご連絡は、ご登録いただいたメールアドレス宛にいたします。出資応募に当選された場合、「契約成立時書面」のご確認をもって契約が締結となります。

また、書面のご確認後、出資金を弊社指定の口座へご入金いただきます。

step
4
運用

お振込口座へのご入金が確認できましたら、メールにてその旨をお知らせいたします。運用中のファンドの進捗状況などは、メールやファンド情報詳細にて随時お知らせいたします。

step
5
分配金

分配金は6ヶ月ごとにお客様の設定された預かり金口座へお振込みいたします。また、運用終了時には終了月の翌月までに分配金と出資金をお客様の設定された預かり金口座へお振込みいたします。

ファンド運用報告である財産管理報告書をマイページ→交付書面にて交付いたします。分配金には20.42%の源泉徴収がされます(「雑所得」の対象)。

分配金の振込手数料はお客様負担とさせていただいております。年間の運用報告として、確定申告時に必要な「年間取引報告書」を取引があった年の翌年1月上旬ごろ交付いたします。

(参考:公式サイト

利回り不動産に関するよくある質問【Q&A】

利回り不動産に関するよくある質問【Q&A】

最後に、利回り不動産に関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある質問

  1. 誰でも会員登録できますか?
  2. 口座開設にかかる日数を教えてください
  3. 預けた投資金はどのように管理されますか?
  4. 出資元本は保証されていますか?
  5. 投資申込を解約したいのですが可能ですか?
  6. ファンド(匿名組合)への最低投資額はいくらですか?
  7. 分配金・出資金はどのように支払われますか?
  8. 口座から出金(払戻)をしたいです

①誰でも会員登録できますか?

以下に該当するお客様は、ご利用になれません。予めご了承ください。

個人のお客様の場合

  • マイナンバーをお持ちでない個人の方
  • 非居住者の方
  • 20歳未満の方
  • 75歳以上の方

法人のお客様の場合

  • 法人番号をお持ちでない法人の方
  • 海外法人の方

②口座開設にかかる日数を教えてください

お客様が本登録申請をされてから3~5営業日程度となります。

ただし、お客様が提出される本人確認書類、本人確認コードの到着状況、当ウェブサイトのシステムメンテナンス等の事情により、それ以上かかる場合もございます。

③預けた投資金はどのように管理されますか?

当該預託を受けた金銭については、法令に基づき、少なくとも3ヶ月に1回の頻度にてはお客様の投資意思の確認をさせていただきます。

3ヵ月以上、 お客様がマイページにログインした履歴が確認できない場合には、お預かりしている全額をお客様がご登録の出金先口座へ払戻しさせていただきます。

当該払戻しにかかる振込手数料はお客様負担とさせていただきますので、恐縮ですがご了承ください。

④出資元本は保証されていますか?

元本は保証されていません。不動産売却時に損失が発生した場合には、元本が毀損するおそれがあります。

ただし、弊社の組成するファンドでは、損失の範囲が株式会社ワイズホールディングスが出資する劣後出資の範囲内であれば、お客様の優先出資の元本は確保される優先劣後の仕組みを利用します。

⑤投資申込を解約したいのですが可能ですか?

当社が募集の取扱いを行う匿名組合契約は、クーリングオフ制度の対象となっております。

お客様は、投資申請後、当社からお客様のメールアドレス宛に契約成立時書面を送付させいただいた日を起算日として8日間が経過するまでの間、書面により当社に通知いただくことで、当該申込みに係る匿名組合契約の解除を行うことができます。

⑥ファンド(匿名組合)への最低投資額はいくらですか?

ファンドにより異なります。各ファンド詳細をご確認ください。

⑦分配金・出資金はどのように支払われますか?

分配金や出資金は、お客様がご登録の出金先口座に直接お振込みはせず、お客様ごとに設定された預り金口座(入金先口座)に振り込まれ、管理いたします。

次回の投資商品へのご投資にご利用いただくか、出金をご希望の場合には出金のお手続きをお願い致します。

⑧口座から出金(払戻)をしたいです

マイページにログイン後、『入出金』>『出金依頼』画面より出金希望額を入力し、画面の手順に沿ってお手続きください。

※振込手数料はお客様負担となりますので、出金希望額より振込手数料を差し引いた金額をお振込いたします。なお、振込手数料はお客様がご登録の出金先口座の金融機関により異なります。

(参考:公式サイト

まとめ:利回り不動産で少額から投資を始めてみよう

利回り不動産で少額から投資を始めてみよう

今回は、利回り不動産の口コミ・評判を紹介しました。

案件利回りが良いのが魅力で、継続投資すればワイズコインも使って収益性を高めることができます。1口1万円とハードルも低いので、不動産投資の入口としては非常におすすめです。

不動産クラウドファンディングサービスにありがちなのが、応募しようと思っても案件がそこまででてこないものもある中で、比較的ファンドの数は多い方かなという印象です。ただし、人気のため、抽選になることは覚悟しましょう。

現在は不動産投資型クラウドファンディングサービスはどこも人気で投資しづらい状況が続いています。申し込み数は多くすればその分、当選しやすいので、口座数を増やす意味でも開設しておくことをおすすめします。

\登録無料!/

「利回り不動産」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

ぬの(運営責任者)

①大手不動産会社で5年間法人営業をしながら副業としてWebマーケティングを独学→②英語学習ブログで1060記事を毎日更新→③フリーランスWebマーケターとして独立→④サクフリ株式会社を設立→⑤会社経営・Webマーケティングに日々奮闘中

-投資・資産運用
-,