PR 投資・資産運用

FUNDROP(ファンドロップ)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

FUNDROP(ファンドロップ)の口コミ・評判は?メリット・デメリットを解説

こんにちは。サクフリブログ編集部です。

サクフリブログは、デジタルマーケティング支援に特化したWebコンサルティング会社である『サクフリ株式会社』が運営しているオウンドメディアです。

「IT業界への架け橋になる」というテーマで、IT業界の基礎知識やWebスキルの習得方法を発信。習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスとして独立」する方法も発信しています。

学習者
学習者
FUNDROP(ファンドロップ)の評判について知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
編集長
編集長

フリーランスとして独立、法人を作って企業した時に1つの収入だけに頼っているのは危険です。僕も実際独立当初に運営しているサイトがGoogleのコアアップデートにより吹っ飛び大変なことになった経験があります。

なので、本業とは別で安定したな収入源を確保することは、フリーランスまたは起業家として生きていき上では重要です。

そこでおすすめなのが不動産投資です。僕は5年間不動産会社で投資家やファンド相手に営業をしてきたので、不動産投資に関しては知識が豊富です。

不動産に特化したクラウドファンディングは少額から不動産投資できるサービスとして人気を集めています。ですが、「FUNDROPで投資したいけど、不動産投資ってよく分からない」と躊躇している方もいるかもしれません。

そこで今回は、利用者の口コミ調査と僕の不動産会社で得た知識をもとに、『FUNDROP』の評判について、徹底解説していきます。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
編集長
編集長

\登録無料!/

「FUNDROP」の公式サイトをチェック

※登録して案件をチェック

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

FUNDROP(ファンドロップ)とはどんな不動産クラウドファンディング?

FUNDROP(ファンドロップ)とはどんな不動産クラウドファンディング?

まずは、FUNDROP(ファンドロップ)の基本情報から見ていきましょう。

FUNDROP(ファンドロップ)の基本情報

運営会社 ONE DROP INVESTMENT株式会社
想定利回り 5.5%〜11%
最低投資金額 1万円
運用期間
3ヶ月〜
特徴 居住用賃貸住宅の運用に特化した運用
優先劣後方式を採用しているので安定しやすい
投資資金を短期間で回収可能
マスターリース契約(サブリース)により賃料保証されている
本人確認書類の提出と口座開設が簡単

FUNDROP(ファンドロップ)の投資案件の特徴

FUNDROP』は、ONE DROP INVESTMENT株式会社が運営する不動産クラウドファンディングです。居住用賃貸物件に特化した運用をおこなっており、物件の規模こそ大きくはないですが安定した需要を見込めるのが特長です。

優先劣後方式を採用しており、損失が出た場合、一定の損失割合までは運営会社が先に損失を負担してくれるので、投資家に有利な内容といえます。最低投資額1万円~始めることができるので、投資初心者の方にもおすすめです。

FUNDROP(ファンドロップ)の特徴

投資先は3ヶ月から12ヶ月の短期運用が可能で、すぐに利確できて、資金の流動性が高い点がFUNDROPのメリットの一つです。

しかも、FUNDROPのファンド物件には一棟借り上げのマスターリース契約により賃料保証がされているものが多いです。これにより運用期間中の空室リスクをゼロにすることができ、安定した収益を見込めるようになります。

通常、クラウドファンディングでは郵送受取による本人確認が必須となっていますが、FUNDROPでは、大手金融機関が導入するオンライン本人認証「eKYC」を取り入れており、最短5分で口座開設が完了します。

「なるべく手間をかけずに不動産投資をしたい」「スマホで手軽に投資を行いたい」という人におすすめのサービスです。
編集長
編集長

\登録無料!/

「FUNDROP」の公式サイトをチェック

※登録して案件をチェック

FUNDROP(ファンドロップ)の評判から分かったメリット

FUNDROP(ファンドロップ)の評判から分かったメリット

基本情報を抑えていただいたところで、FUNDROPの魅力をさらに深堀していきます。他社と比較した時のFUNDROPのメリットを紹介します。

FUNDROPのメリット

  1. 居住用賃貸住宅の運用に特化した運用
  2. 優先劣後方式を採用しているので安定しやすい
  3. 1口コミ1万円の少額で投資できる
  4. 投資資金を短期間で回収可能
  5. マスターリース契約(サブリース)により賃料保証されている
  6. 本人確認書類の提出と口座開設が簡単

①居住用賃貸住宅の運用に特化した運用

FUNDROPでは、居住用賃貸物件に特化した運用をおこなっています。

一般的に居住用賃貸物件は、商業ビル・オフィスビルと比較し、景気に左右されにくく安定した経営をができるというメリットがあります。

物件の規模こそ大きくはないですが安定した需要を見込めるのが特長です。いわゆる優良物件に手軽に出資できるのがFUNDROPの良さと言えます。

②優先劣後方式を採用しているので安定しやすい

FUNDROPは優先劣後方式を採用しています。優先劣後方式とは、投資家と運営会社が運用しているファンドで共同出資をおこなう仕組みです。

損失が出た場合、一定の損失割合までは運営会社が先に損失を負担してくれるので、投資家に有利な内容といえます。仮に不動産の収益が減ることや価格が下がることがあっても、先に損失を被るのはFUNDROPの運営側です。

プロが選んだ物件に投資ができ、かつ優先劣後方式を採用しているので安全性は高いといえるでしょう。

③1口コミ1万円の少額で投資できる

FUNDROPでは、最低投資額1万円~始めることができます。

不動産投資は本来非常にお金のかかるものであり、個人投資家の参入が難しい分野の1つです。数百万円はもちろんのこと、数千万円以上かかることも珍しくありません。

しかし、FUNDROPなら、最低額である1万円から投資できます。

④投資資金を短期間で回収可能

FUNDROPでは、3ヵ月から12ヵ月の短期運用が可能です。

他の不動産クラウドファンディングであれば、運用期間が2年〜3年ほどの案件もあるので、1年で回収できるFUNDROPの運用期間はかなり短いです。

すぐに利確できて、資金の流動性が高い点がFUNDROPのメリットの一つです。

⑤マスターリース契約(サブリース)により賃料保証されている

FUNDROPは、マスターリース契約(サブリース)により賃料保証されています。

マスターリース契約(サブリース契約)とは、不動産会社が第三者への転貸を目的として物件の所有者と結ぶ特定賃貸借契約と、所有者から借りた不動産会社が入居者(第三者)との間で結ぶ転貸借契約の2つの契約を指します。

FUNDROPのファンド物件には一棟借り上げのマスターリース契約により賃料保証がされているものが多いです。これにより運用期間中の空室リスクをゼロにすることができ、安定した収益を見込めるようになります。

投資家にとっては空室リスクゼロの不動産に投資できるため、非常に評判のよいポイントになっています。
編集長
編集長

⑥本人確認書類の提出と口座開設が簡単

FUNDROPは、口座開設から出資手続きまでの全てをスマホで完結できます。

通常、クラウドファンディングでは郵送受取による本人確認が必須となっていますが、FUNDROPでは、大手金融機関が導入するオンライン本人認証「eKYC」を取り入れており、最短5分で口座開設が完了します。

また、クラウドファンディングの口座開設の際、住所確認のため郵便受け取りが必要なケースが多いですが、FUNDROPの場合は必要ありません。

「なるべく手間をかけずに不動産投資をしたい」「スマホで手軽に投資を行いたい」という人におすすめのサービスです。
編集長
編集長

\登録無料!/

「FUNDROP」の公式サイトをチェック

※登録して案件をチェック

FUNDROP(ファンドロップ)の評判から分かったデメリット

FUNDROP(ファンドロップ)の評判から分かったデメリット

前章ではメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。本章ではデメリットも紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

FUNDROPのデメリット

  1. 途中解約や売却ができない
  2. 実績が少なく未知数
  3. 長期運用しづらい

①途中解約や売却ができない

FUNDROPでは、ファンドへの出資後に中途解約ができません。

運用期間が満了となるまで引き出しができないため、あらかじめ投資期間や投資金額についてよく検討したうえで申し込みをしましょう。

②実績が少なく未知数

FUNDROPは2013年1月に設立したベンチャー企業が運営しておりますが、実績としてはまだまだ大手不動産クラウドファンディングと比較すると少ないです。

ただ、運営会社は不動産投資型クラウドファンディング事業だけでなく、アセットマネジメント事業、不動産流動化事業などをおこなっている会社です。

実績がある運営会社と取引したい投資家にとっては、少しデメリットに感じるでしょう。

もし、この点が心配な場合は『みんなで大家さん』や『TECROWD』の2社はおすすめです。他の不動産クラウドファンディングと比較すると、運用実績が豊富で比較的安定したリターンが見込めます。実際の利用者の口コミも良好です。

③長期運用しづらい

FUNDROPは、運用期間が平均3ヶ月から12ヶ月ほどの短期運用が中心です。そのため、1年以上で長期運用を検討している投資家にとっては、デメリットと感じるでしょう。

以上が、FUNDROPのデメリットです。上記のデメリットが気にならない方にはFUNDROPはおすすめなので、ぜひ投資先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

» FUNDROPの公式サイトをチェック!

FUNDROP(ファンドロップ)の評判は?【口コミを徹底レビュー】

FUNDROP(ファンドロップ)の評判は?【口コミを徹底レビュー】

前章では、FUNDROPのメリット・デメリットを紹介しました。本章では、その内容を踏まえて実際の受講者の声を見ていきましょう。

良い口コミ・評判

まずは、良い口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

  1. 口座開設の手続きがとても簡単
  2. 最低金額が1万円から始められる
  3. 最高投資金額が1,000万円の案件もあった
  4. プロジェクトに特徴があり、比較するのもひとつの楽しみ
  5. 利回りが高い上に運用もお任せできる画期的なサービス

良い口コミ:評判①:口座開設の手続きがとても簡単

口座開設の手続きがとても簡単で、一切手間がかからなかったです。

5分ほどで完了したので、初めての投資でもスムーズにできました。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判②:最低金額が1万円から始められる

最低金額が1万円だったので、社会人になりたてであまりお金のない私でもはじめられました。

次のボーナスから5万円ほど、また投資したいと思います。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判③:最高投資金額が1,000万円の案件もあった

最高投資金額が1,000万円の案件もあったので、まとまった資金で投資することができてありがたいです。

他社では100万円までの案件が多かったですが、FUNDROPでは300万円投資してみました。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判④:プロジェクトに特徴があり、比較するのもひとつの楽しみ

運営会社によってプロジェクトに特徴があり、比較するのもひとつの楽しみです。FUNDROPは居住用物件の運用で安定した利益が得られるのが魅力です。

融資不要で小口投資できるので、分散投資先としてもおすすめです。

(引用:サクフリ調査)

良い口コミ:評判⑤:利回りが高い上に運用もお任せできる画期的なサービス

退職金の一部を投資資金として運用しています。スマホが苦手な私でも、サイトから簡単に登録できて購入も難なくできています。

ファンド情報の解説をしっかり読んで、案件発売日に出資を申し込んでいます。新しい不動産投資商品ということですが、利回りが高い上に運用もお任せできる画期的なサービスです。

(引用:サクフリ調査)

口コミでは、FUNDROPの「口座開設の手続きがとても簡単」・「利回りが高い上に運用もお任せできる画期的なサービス」が評価されています。

悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミ・評判には下記のようなものがありました。

悪い口コミ・評判

  1. 日中仕事の人は申し込めないのが残念
  2. 競争倍率が高く申し込めない
  3. もう少し利回りの高い案件もほしい

悪い口コミ・評判①:日中仕事の人は申し込めないのが残念

FUNDROPの募集は先着順なので、いつも仕事で間に合いません。

12時スタートの案件だと、日中仕事の人は申し込めないのが残念です。

(引用:サクフリ調査)

悪い口コミ・評判②:競争倍率が高く申し込めない

募集金額にすぐ到着するので、あらかじめこまめに情報収集が必要なのが少し大変です。

(引用:サクフリ調査)

悪い口コミ・評判③:もう少し利回りの高い案件もほしい

利回りが5%前後で、安定的な運用をしてくれているのはありがたいですが、もう少し利回りの高い案件もほしいです。

(引用:サクフリ調査)

以上、FUNDROPの口コミ・評判でした。

FUNDROPのネガティブな意見は、「競争倍率が高く申し込めない」「もう少し利回りの高い案件もほしい」ことがあげられました。

FUNDROPの口コミ・評判を紹介しましたが、百聞は一見に如かずです。登録するだけなら無料なので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

» FUNDROPの公式サイトをチェック!

FUNDROP(ファンドロップ)がおすすめな人・向いている人

FUNDROP(ファンドロップ)がおすすめな人・向いている人

以上の内容を踏まえ、FUNDROPがどんな人におすすめかをまとめます。

こんな人におすすめ

  • サブリースしている安定した不動産物件に投資したい
  • 投資資金を短期間で回収できるファンドに投資したい
  • 少ない金額で不動産投資を始めてみたい
  • 1口1万円の少額からクラウドファンディングに参加したい
  • 不動産に関するある程度の知識がある人
  • 不動産に興味があり勉強する意欲のある人
  • 不動産投資に興味がある
  • 不労収入を得たい

以上が、FUNDROPがおすすめな人です。上記の中で一つでも当てはまる方は、FUNDROPはおすすめですよ。

登録は無料でできるので、とりあえず登録してくだけ損はないと思いますよ。

\登録無料!/

「FUNDROP」の公式サイトをチェック

※登録して案件をチェック

FUNDROP(ファンドロップ)の始め方【登録~投資まで】

FUNDROP(ファンドロップ)の始め方【登録~投資まで】

ここまで読んでいただき、FUNDROPが少しでも気になる人は、ぜひ気軽に登録してみてください。登録から利用開始までの流れをまとめると、次の通りです。

登録から利用開始までの流れ

  1. 個人利用者会員登録
  2. 本人確認書類提出
  3. 個人利用者投資家登録

step
1
個人利用者会員登録

まずは、『公式サイト』から投資家登録をします。

新規会員登録ページからメールアドレス・パスワード等を入力し、会員登録を行います。投資家登録のご案内メールが届きますので、記載URLより次のステップへお進みください。

step
2
本人確認書類提出

オンライン本人認証サービスである『Proost』を利用して、本人確認書類の提出を行います。必須事項の入力、銀行口座資料のアップロードを行い、口座開設申込完了となります。

step
3
個人利用者投資家登録

オンラインでの本人確認審査後、投資家登録が完了し、口座開設となります。会員ページにログイン後、本サイトで募集中のファンドへの出資が可能です。

(参考:公式サイト

FUNDROP(ファンドロップ)に関するよくある質問【Q&A】

FUNDROP(ファンドロップ)に関するよくある質問【Q&A】

最後に、FUNDROPに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある質問

  1. 誰でも会員登録できますか?
  2. 取引残高報告書とは何ですか?
  3. 分配金・償還金はどのように支払われますか?
  4. 分配金の所得区分は何にあたりますか?
  5. 分配金にかかる税金について教えてください
  6. 確定申告は必要ですか?
  7. ファンド(匿名組合)への最低投資額はいくらですか?
  8. 匿名組合契約とは何ですか?

①誰でも会員登録できますか?

以下のすべての条件を満たすご本人であれば、どなたでも会員登録が可能です。

個人の会員登録条件

  • 20歳以上
  • 日本国内に在住の方であること
  • マイナンバーを所持していること
  • 反社会的勢力等に該当しないこと
  • 犯罪による収益の移転防止に関する法律の対象ケースに該当しないこと

法人の会員登録条件

  • 法人番号を所持していること
  • 反社会的勢力等に該当しないこと
  • 犯罪による収益の移転防止に関する法律の対象ケースに該当しないこと

②取引残高報告書とは何ですか?

取引残高報告書とはFUNDROPにおけるお客様の四半期毎のお取引等の内容と、お預かり金及び投資中のファンド残高について、お客様にご報告するものです。

取引残高報告書は、1月1日から12月31日までの期間における各四半期末日から1ヵ月以内に発行されます。マイページにログイン後、各種書類画面よりご確認いただけます。

③分配金・償還金はどのように支払われますか?

分配金や償還金は、お客様がご登録の出金先口座に直接お振込みは行わず、お客様毎に設定された預り金口座に振り込まれ、管理いたします。

預り金口座に振り込まれた分配金・償還金につきましては、次回の投資商品へのご投資にご利用いただくか、出金をご希望の場合には出金のお手続きをお願いいたします。

④分配金の所得区分は何にあたりますか?

お客様が受け取る分配金は、匿名組合契約の組合員が行う出資・投資の対価であるという側面から判断され、原則として雑所得に該当します。

雑所得は総合課税の対象であるため、原則として他の所得と合算して総所得額を計算し確定申告が必要です。

法人のお客様である場合、分配金は法人税課税の対象となります。なお、分配金から控除された源泉徴収税額は、個人・法人を問わず確定申告における所得税等の額または法人税の額から控除が可能です。

⑤分配金にかかる税金について教えてください

個人のお客様の場合、分配金は雑所得として総合課税の対象となり、分配金の20.42%の源泉税額が徴収された上で、お客様の投資口座に入金されます。

尚、法人のお客様の場合、国内所得として申告を行う必要があります。

⑥ 確定申告は必要ですか?

年末調整を受けた給与所得者の1年間の雑所得の合計金額が20万円を超えた場合には、確定申告を行う必要があります。尚、雑所得は他の所得と損益通算できない点にご注意ください。

ただし、確定申告はあくまでも国税に関するものであり、確定申告が不要であっても住民税の申告は別途必要となることがあります。

また、源泉徴収額が本来納めるべき税額より多かった場合など、確定申告をすることにより還付を受けられることがあります。

そのため、分配金が20万円以下の場合でも、お客様の状況に合わせて確定申告の要否を判断する必要がありますので、詳しくは所轄の税務署または税理士等にご相談ください。

⑦ファンド(匿名組合)への最低投資額はいくらですか?

ファンドにより異なります。

⑧匿名組合契約とは何ですか?

「匿名組合契約」とは、匿名組合員が営業者のために出資をし、その営業から生じる利益の分配を受けることを約束する商法が定める契約形態のことです。

当社で取り扱うファンドに投資いただく際には、お客様が匿名組合員、弊社が営業者の匿名組合契約を締結いただくことで、その事業から生じる利益の分配を得ることとなります。

(参考:公式サイト

まとめ:FUNDROP(ファンドロップ)で少額から投資を始めてみよう

FUNDROP(ファンドロップ)で少額から投資を始めてみよう

今回は、FUNDROPの口コミ・評判を紹介しました。

FUNDROPは少額から居住用賃貸物件に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。2020年11月にスタートした比較的新しいサービスですが、順調に運用が継続しています。

数カ月単位で短期運用が可能なため、投資初心者やお試しではじめたい投資家にもおすすめです。気になる人は、まずは会員登録からはじめてみましょう。

\登録無料!/

「FUNDROP」の公式サイトをチェック

※登録して案件をチェック

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

ぬの(運営責任者)

①大手不動産会社で5年間法人営業をしながら副業としてWebマーケティングを独学→②英語学習ブログで1060記事を毎日更新→③フリーランスWebマーケターとして独立→④サクフリ株式会社を設立→⑤会社経営・Webマーケティングに日々奮闘中

-投資・資産運用
-,